Wikipedia:出典を明記する

ここでは、出典を明記することの必要性と参考文献の書き方について説明します。

ウィキペディアを執筆する際に、書籍や外部ウェブサイト、現地案内板など(Wikipedia:信頼できる情報源)を参照していることでしょう。そのときは、情報源を明記してください。つまり、参考文献(書籍や論文、ウェブページなど)を見つけるための情報(書誌情報)を書いてください。

これにはいくつか理由があります。

  1. 内容に問題がないか確認できる - ウィキペディアの記事は、検証が可能である必要があります。文献が示されていれば、文献を入手するか図書館で閲覧することにより、どのような情報が書かれているか確認することができます。また、執筆に用いた情報源の著者・年代や文脈が明らかになることにより、中立的な観点かどうか調べやすくなります。
  2. 読者がさらに調べるときの参考になる - 読者がその情報について、もっと知りたいと思ったときに、文献リストがあればそこから調査できます。
  3. 著作権・著作隣接権の遵守 - 著作権法に従って参考文献の記述を引用する場合は、引用の範囲と引用元を明示しなければなりません(Wikipedia:著作権およびWikipedia:著作権で保護されている文章等の引用に関する方針を参照)。また、引用でない部分についても情報源を明記することで、情報源を違法に丸写ししていないかどうか確認しやすくなります。

参考文献のスタイルは、以下で説明します。スタイルから外れていても、誰かが修正してくれるでしょうが、情報を漏らさず記入するように注意してください。

参考文献の節には、記事の内容を裏付ける実際に参考にした文献を挙げてください。項目に関連する読者の参考になりうる書物については、「関連書籍」などとセクション名を分けて区別してくださると、記事の内容を検証するうえで助かります。

他の言語で
беларуская (тарашкевіца)‎: Вікіпэдыя:Спасылкі на крыніцы
Mìng-dĕ̤ng-ngṳ̄: Wikipedia:列明來源
hornjoserbsce: Wikipedija:Žórła
ភាសាខ្មែរ: វិគីភីឌា:Citing sources
norsk nynorsk: Wikipedia:Kjelder
davvisámegiella: Wikipedia:Gáldut
srpskohrvatski / српскохрватски: Wikipedia:Navođenje izvora
Simple English: Wikipedia:Citing sources
oʻzbekcha/ўзбекча: Vikipediya:Manbalarga ishoratlar