Wikipedia:スタイルマニュアル (レイアウト)

このページは、ウィキペディアで執筆する記事の全体的な構成、各要素の配置に関する指針を定めるスタイルマニュアルです。

記事の各要素(例:脚注、外部リンクなど)の作成方法についてはそれぞれを解説する専門の記事を参照してください。

  • ウィキペディアにおける文章記述の形式(例:見出しや年号の表記スタイル)についてはWikipedia:スタイルマニュアルを参照してください。
  • ウィキペディアにおける編集やテキスト記述の仕方(例:太字化、見出しやリンクなどの記述の仕方)についてはHelp:ページの編集を参照してください。
  • ウィキペディアにおける文字の表記方法(例:漢字や仮名の表記法)については、Wikipedia:表記ガイドを参照してください。

記事の構成

ウィキペディアの標準名前空間にある記事の構成は、一般に以下のようになっています:

  1. テンプレート
  2. 導入部
  3. 解説本文A
    • 段落1
    • 段落2
  4. 解説本文B
  5. 付録節
    1. 注釈と出典
    2. 参考文献
    3. 関連項目
    4. 外部リンク
  6. テンプレート
  7. カテゴリ
  8. 言語間リンク

ウィキペディアの記事における最も大きな構成要素は(セクション)です。各節は「== 節の名前 ==」の記述で表示される見出しで始まります(節の詳しい作成方法はHelp:セクションを参照)。

ウィキペディアでは上に列挙したような構成が推奨されています。付録節の名称や順番、テンプレートの位置は一例です。

各節は複数の段落により構成されます。一行単位の短いコメント文しかない節をいくつも作るのは避けてください。逆に、長過ぎる段落も読みづらくなりますので、適当な長さで区切ってください。また、段落は基本的に散文形式で記述します。箇条書きは、参考文献の節など適切な場所で使用する分には良いですが、解説全体を箇条書き形式で書くようなことは避けてください。

他の言語で
မြန်မာဘာသာ: Wikipedia:Layout
Nederlands: Help:Tekstopmaak