W・E・B・デュボイス

W・E・B・デュボイス
W. E. B. Du Bois
WEB DuBois 1918.jpg
1918年
誕生 ウィリアム・エドワード・バーグハード・デュボイス
(William Edward Burghardt Du Bois)
1868年 2月23日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国、 グレート・バリントン
死没 (1963-08-27) 1963年 8月27日(95歳没)
  ガーナアクラ
職業 ジャーナリスト社会学者
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国(放棄)
  ガーナ(取得)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
W・E・B・デュボイス

ウィリアム・エドワード・バーグハード・デュボイス(William Edward Burghardt Du Bois、 1868年 2月23日 - 1963年 8月27日)は、 アメリカ合衆国公民権運動指導者、 汎アフリカ主義、 ブラック・ナショナリズムの先駆者、 全米黒人地位向上協会の創立者。 アフリカ系アメリカ人のイデオローグだが、父が ハイチ出身であるため ハイチ系アメリカ人でもある。

生い立ちおよび教育

デュボイスは、 マサチューセッツ州 グレート・バリントンの村でアルフレッドとメアリー・デュボイス夫妻の間に生まれた。父親のアルフレッドは ハイチ出身であった。メアリーはネイティブ・アメリカンと黒人の混血、アルフレッドは白人と黒人の混血だが、縮れた頭髪に黒人の血筋がうかがえるものの、外見的には白人と見分けがつかなかったという。

デュボイスは高校時代、人種問題に対する関心を通して知的発展に拍車がかかった。彼は必死に学問に励み、 ハーバード大学への入学を望んだ。しかしながら経済的問題でこの夢は叶わなかった。代わりに彼は テネシー州 ナッシュビルフィスク大学 (Fisk University) に入学した。

大学入学はデュボイスの アメリカ南部への最初の旅行になり、ここで彼は人種隔離政策と ジム・クロウ法に初めて直面した。夏の間にデュボイスはテネシー州アレキサンドリアの田舎の公立小中学校で教え、貧困と栄養失調からの病気に対する深い洞察力を得た。

フィスク大学を卒業した後に彼は奨学金を得、最終的にはハーバード大学で哲学と歴史を学ぶことができた。1890年に文学士号を得たデュボイスは、続いて大学院での研究を始める。1895年に彼はハーバードから博士号を受け取る最初のアフリカ系アメリカ人となった。彼は アフリカ系アメリカ人の置かれた状況について長年研究し、人種問題に社会科学を適用した。

他の言語で
العربية: دو بويز
Esperanto: W. E. B. DuBois
français: W. E. B. Du Bois
português: W. E. B. Du Bois
srpskohrvatski / српскохрватски: W. E. B. Du Bois
Simple English: W. E. B. Du Bois
тоҷикӣ: Уилям Дюбуа
Bân-lâm-gú: W. E. B. Du Bois