TaQ

TaQ(たく、本名:榊原 琢 アイザック(さかきばら たく アイザック)、1975年8月6日 - )は、日本作曲家アメリカ出身。英語表記はTaku Isaac Sakakibara

略歴

生まれはアメリカメリーランド州だが、幼少期から青春期を西ドイツで過ごす。

  • 1979年 - 親に勧められて4歳からバイオリンを弾き始める。
  • 1981年 - 小学校時代に「Jugend Musiziert」コンサートで準優勝。
  • 1986年 - 11歳からはクラシック音楽を取り入れたロックバンドを立ち上げる。
  • 1987年 - 中学校時代には父親にローランドの「ミュージ君」を与えられ、打ち込み音楽に目覚める。
  • 1995年 - 友人のDJ SubSimonとともに「Electro Tunes」名義でテクノ音楽の発表を開始。
  • 1999年 - コナミの音楽ゲームbeatmania IIDXをはじめとする、BEMANIシリーズへの楽曲提供を開始。
  • 2002年 - ライブパーティbounceを開催。
  • 2004年 - beatmania IIDX 10th styleでの楽曲提供後に、自身のホームページで「IIDXは卒業しました」と語り、以後は独自の音楽活動に専念している。
  • 2007年 - 3月11日ニューヨークカーネギーホールにて、氏が作曲したフルオーケストラ交響曲が演奏される。
  • 2007年 - beatmania IIDXスタッフの盟友dj TAKAこと石川貴之のアルバムにリミックス参加。3年ぶりのIIDX関連の商品への参加となる。
  • 2011年 - 録音専門オーケストラ「gaQdan」を設立。
  • 2012年 - 6月7日、PS3ソフト「TOKYO JUNGLE」のサウンドプロデューサーを担当。
他の言語で
español: Taku Sakakibara