TOHOシネマズ日劇

TOHOシネマズ日劇
TOHO CINEMAS NICHIGEKI
TOHOシネマズ日劇がある有楽町センタービル・阪急側
情報
正式名称TOHOシネマズ日劇
旧名称日本劇場、日劇東宝、日劇プラザ、日劇PLEX(日劇1・日劇2・日劇3)
完成1984年
開館1984年10月6日
開館公演ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(日劇1)
おはん(日劇2)
アンナ・パブロワ(日劇3)
閉館2018年2月4日
収容人員(3館合計)2,136人
設備ドルビーデジタルサラウンドEX、DTSSDDS
用途映画上映
運営TOHOシネマズ株式会社
所在地東京都千代田区有楽町2-5-1
有楽町センタービル阪急側9階~11階
位置北緯35度40分25.2秒 東経139度45分45.8秒 / 北緯35度40分25.2秒 東経139度45分45.8秒 / 35.673667; 139.762722
アクセスJR有楽町駅銀座口、地下鉄有楽町駅A7出口よりすぐ
公式サイト有楽町・日比谷 上映スケジュール(TOHOシネマズ)

TOHOシネマズ日劇(とうほうシネマズにちげき、: TOHO CINEMAS NICHIGEKI)は、東京都千代田区有楽町二丁目にあった、TOHOシネマズ株式会社が経営・運営3つの映画館の総称。

概要

TOHOシネマズ日劇は有楽町センタービル(有楽町マリオン)の阪急MEN'S TOKYO側にあり、「スクリーン1」は11階に、「スクリーン2」と「スクリーン3」は9階にある。「日劇」の名称は、かつてこの地にあった「日本劇場」に由来する。

有楽町マリオンが竣工した1984年10月6日から2002年まで、3つのスクリーンの名称は「日本劇場」、「日劇東宝」、「日劇プラザ」であり、2002年の改装時からは、それぞれ「日劇1」、「日劇2」、「日劇3」、3館の総称が「日劇PLEX」であった。2006年10月に、運営会社が東宝株式会社から現在のTOHOシネマズ株式会社に変わり、2009年2月17日にスクリーン名と3館の総称が現在のものに改称されている。

2002年の全面改装では座席の大型化などにより鑑賞環境が改善されたのと引き換えに各館の定員数が減っている。2004年からは、全席指定制となった。2007年から1階窓口での扱いは、その日の上映分(当日券の購入、もしくは座席指定席券への引き換え)のみとなった。先売り券(2日前まで)は9階と11階の受付で販売している。2007年12月20日から連日レイトショー(20時以降の上映)を実施しており、料金は1,500円である。TOHOシネマズ株式会社が運営するようになってから上映編成が従来よりも自由になり、単館系作品(『不都合な真実』、『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』など)やTOHOシネマズ六本木ヒルズ系の洋画作品((『Xファイル:真実を求めて』など)をレイトショーとして上映することもある。2009年2月17日の館名変更と同時に、インターネットチケット販売「vit」、ポイントカード「シネマイレージカード」等のTOHOシネマズ名のシネコンと同様の制度が導入された。

なお、有楽町マリオンには他にも丸の内ピカデリー1・2・3という映画館がある。

2018年3月29日に開業する、三井不動産が中心となって進めている有楽町一丁目の再開発計画「東京ミッドタウン日比谷[1]」の大規模複合ビル内にシネマコンプレックスTOHOシネマズ日比谷」が開業するのにあわせて、2018年2月4日に閉館した[2][3][4][5][6]。跡地は改装され、11〜13階(スクリーン1跡地)には2018年夏に約900席の貸ホール「ヒューリックホール東京」が、9〜10階(スクリーン2・3跡地)には2018年冬にコニカミノルタプラネタリウムが運営するプラネタリウムを中心とした複合型映像体験施設「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」が、それぞれ開業予定となっている[7][8]。閉館当日の2月4日は『ゴジラ』や『タイタニック』・『君の名は。』などのヒット作が上映され、『ゴジラ』の上映後には宝田明が登壇して制作の裏側などを語り、感極まって涙する場面もあった。最後は支配人の佐藤希が「1億人以上のお客さまに足を運んでいただき、皆さまに愛されて上映を続けられたことを感謝したい」と挨拶し、これをもって旧日劇時代から約84年2ヶ月の歴史に幕を閉じた。

他の言語で