T-双対

弦理論
Calabi-Yau-alternate.png


T-双対(T-duality)は、様々な弦理論の小さな距離と長い距離の間の関係の古典的記述[1]が、それらの特別な場合となるという場の量子論の対称性である。[2] ブッシャー(T. H. Buscher)の論文の中でこの話題の議論が始まり、マルティン・ロセック英語版(Martin Rocek)とエリック・ヴァーリンデ英語版(Erik Verlinde)によりさらに深められた。T-双対は、通常の素粒子物理学の中には存在しない。弦が粒子の動きとは点粒子とは基本的に異なる方法で時空を伝播する。T-双対が理解される以前には、関連がないと考えられていた異なる弦理論を関連づける。T-双対は、第二超弦理論革命英語版の中で進化した。[3]

他の言語で
Deutsch: T-Dualität
English: T-duality
español: Dualidad-T
français: Dualité T
italiano: T-dualità
한국어: T-이중성
lietuvių: T-dvilypumas
português: Dualidade T
русский: Т-дуальность
svenska: T-dualitet
中文: T對偶
粵語: T-對偶