Squid (ソフトウェア)

Squid
開発元squid-cache.org
初版1996年7月(22年前) (1996-07
最新版3.5.27 / 2017年8月19日(15か月前) (2017-08-19[1]
最新評価版4.0.23 / 2018年1月19日(10か月前) (2018-01-19[2]
プログラミング言語C++
プラットフォームクロスプラットフォーム
対応言語41言語 [3]
サポート状況開発中
種別プロキシ
ライセンスGPL
公式サイトwww.squid-cache.org
テンプレートを表示

Squid(スクウィッド)はプロキシ (Proxy) サーバ、ウェブキャッシュサーバなどに利用されるフリーソフトウェアGPLでライセンスされている。Squidの用途は、重複リクエストに対したキャッシュ応答によるウェブサーバの高速化や、ネットワーク資源を共有する人々が行うWorld Wide WebDNSなどの様々なネットワーククエリのキャッシュなど、多岐にわたる。元来はUnix系のコンピュータで動作させる目的で設計されている。

Squidは長く開発が続けられてきた[4]。多様なプロトコルをサポートしているが、主にHTTPFTPで利用される。TLS/SSLHTTPSなどのセキュリティで保護された通信のサポートも行われている[5]

当初はC言語で書かれていたが、バージョン3以降では多くのソースがC++で書かれたものに置き換えられている。

他の言語で
Afrikaans: Squid
العربية: سكويد
català: Squid
čeština: Squid (program)
Deutsch: Squid
Ελληνικά: Squid
français: Squid (logiciel)
magyar: Squid
Bahasa Indonesia: Squid
italiano: Squid
Bahasa Melayu: Squid
Nederlands: Squid (software)
português: Squid
русский: Squid
Simple English: Squid cache
тоҷикӣ: Сквид
українська: Squid