SVアウストリア・ザルツブルク

SVアウストリア・ザルツブルク
原語表記Sportverein Austria Salzburg
愛称Violett-Weiß(紫と白)
クラブカラー紫・白
創設年2005年
所属リーグエアステリーガ
所属ディビジョン2部
ホームタウンザルツブルク
ホームスタジアムマイ・フォン・オーストリア・シュタディオンドイツ語版
収容人数1,566
代表者オーストリアの旗 ヴァルター・ヴィンディシュバウアー
監督ノルウェーの旗ドイツの旗 ヨルン・アンデルセン
公式サイト公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

SVアウストリア・ザルツブルクドイツ語: SV Austria Salzburg)は、オーストリアザルツブルクをホームタウンとするサッカークラブである。2015-16シーズンはエアステリーガ(2部)に所属。

概要

オーストリア・ブンデスリーガに所属するレッドブル・ザルツブルクは、2005年にレッドブルなどを取り扱うオーストリアの飲料メーカーの レッドブル (企業)英語版(以下「レッドブル社」)によって買収されるまで「SVアウストリア・ザルツブルク」という名称であった。

当初はレッドブル社の大々的な金銭的サポートを得てクラブが国際レベルまで発展するだろう、との期待でレッドブル社によるSVアウストリア・ザルツブルクの買収は歓迎された。[要出典]

しかし、レッドブル社がクラブの伝統を尊重せず、クラブ名、クラブカラー、経営陣、スタッフ等を一新、「完全に新しいクラブが誕生した」と宣言[要出典]。公式にはクラブカラーは従来の紫と白であると記載されているが、新しいエンブレムには紫は一切使用されず、ユニフォームもレッドブル社が指定した白と赤を基調としたものに変更された。

こうしたクラブの大きな変化に一部のサポーターが「クラブの伝統を優先するべきだ」と抗議の声を上げ、クラブの伝統を取り戻すための運動を開始した。

しかし、5ヶ月間に及ぶ抗議とクラブを買収した経営陣との交渉によっても妥協点は見つからず、「伝統を守るサポーター」は2005年9月15日に抗議活動の終焉を宣言、「古いクラブの道徳的な後継クラブ」として新しくSVアウストリア・ザルツブルクが設立された。

新しく設立されたSVアウストリア・ザルツブルクは 2. クラッセ(7部)からスタートし、2006-07シーズンは7部で優勝、2007-08シーズンは 1. クラッセ(6部)で優勝、2008-09シーズンは 2. ランデスリーガ(5部)で優勝、2009-10シーズンは 1. ランデスリーガ(4部)で優勝した。その後 レギオナルリーガ(3部)において、2013-14及び2014-15シーズンで優勝した。

他の言語で