NY検事局

NY検事局
Night Falls on Manhattan
監督シドニー・ルメット
脚本シドニー・ルメット
原作ロバート・デイリー
製作トム・マウント
ジョシュ・クレイマー
ジョン・スターク
出演者アンディ・ガルシア
レナ・オリン
リチャード・ドレイファス
音楽マーク・アイシャム
撮影デヴィッド・ワトキン
編集サム・オスティーン
製作会社パラマウント映画
スペリング・フィルムズ
配給アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 ギャガ・コミュニケーションズ/ヒューマックス・ピクチャーズ
公開アメリカ合衆国の旗 1997年5月16日
日本の旗 1997年11月29日
上映時間114分
製作国アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語英語
興行収入アメリカ合衆国の旗$9,889,670[1]
テンプレートを表示

NY検事局』(ニューヨークけんじきょく 原題:Night Falls on Manhattan)は、1997年制作のアメリカ映画。原題の意味は「マンハッタンの夜はふけて」。

イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』の作者として知られる元・ニューヨーク市警察刑事、ロバート・デイリー原作の同名小説を巨匠シドニー・ルメットが監督(脚本も)、アンディ・ガルシアレナ・オリンリチャード・ドレイファスらが出演したサスペンス映画

あらすじ

元警官のショーン・ケイシーは33歳にしてニューヨーク市の検事となり、「法の下、万民は皆平等である」との信念を抱き、職務に邁進していた。

そんな中、彼の敬愛する父で現職のニューヨーク市警刑事であるリアムが、かねてから追っていた麻薬 密売組織のボスであるジョーダンの隠れ家を急襲した際に、ジョーダンに撃たれて瀕死の重傷を負ってしまう。この事態に地方検事局長モーガンスターンは、選挙対策としてのマスコミ向けのアピール目的に、ショーンにジョーダンの裁判を担当させることにする。

やがてジョーダンはベテラン弁護士のヴィゴダと共に出頭し、裁判が始まるが、その過程でニューヨーク市警内部の腐敗が明らかになる。裁判には何とか勝ったものの、リアムもそれに関わっているのではないかという疑念がショーンを苦悩させてゆく。そんな中、体調を崩して選挙を降りたモーガンスターンの代わりにショーンは地方検事選挙に立候補することになる。

ある日、ショーンはヴィゴタに呼び出され、地方検事に選ばれたら麻薬密売組織から金をもらっている悪徳警官を調べて欲しいと依頼される。ヴィゴタがそもそもジョーダンの弁護を引き受けたのも汚職を明らかにすることが目的であり、ジョーダン本人を弁護する気などなかったのだと言う。一方、元警官で麻薬の密売人だったとされるクラインホフの水死体が発見されたことから、地方検事局刑事部が捜査を始め、リアムの相棒刑事であるジョーイが捜査線上に浮上する。刑事部からの依頼でジョーイに接触したショーンはジョーイ本人と相棒のリアムの2人から潔白であるとの言葉を聞き、それを刑事部に報告する。

選挙が行なわれ、ジョーダンを有罪に導いた功績を評価されたショーンは若くして地方検事となる。

ショーンの指揮の下、悪徳警官に関する捜査は進み、5人の現職警官を起訴するに至るが、同時にショーンはジョーダンを逮捕する際に取っていたはずの逮捕状の原本が見つからないことに気付く。その件をリアムに確認するために父の家にやって来たショーンは、リアムとジョーイの3人で穏やかに夕飯を楽しんでいたが、食後になって、ジョーイが賄賂をもらっていたことを告白し、ショーンに司法取引を持ちかけると、更にジョーイを含めた8人の警官がジョーダンの殺害を企てていたことまでも告白する。ショーンがジョーイを激しく罵ると、ジョーイは家を出て行く。相棒が賄賂をもらっていたことを知らなかったリアムはショックを受ける。そんなリアムにショーンは逮捕状の件を問い質す。リアムは、逮捕状の期限が既に切れていたが、どうしてもジョーダンを逮捕するためにインペリテリ判事の署名を真似て逮捕状を捏造したことをショーンに告白する。ショーンは激しいショックを受ける。

その夜、泥酔したジョーイは拳銃自殺する。それを知ったショーンはリアムの下に向かうが、リアムは既にインペリテリ判事の家を訪ね、逮捕状の捏造を告白していた。オフィスで父からの連絡を待っていたショーンは父が捏造した逮捕状をシュレッダーにかける。そこにインペリテリからショーンに電話が来る。インペリテリはリアムの目の前でジョーダンの逮捕状を逮捕時の日付で作成しながら、別の逮捕状を破棄するように言う。こうして逮捕状捏造事件は隠蔽される。常に正しくありたいと願うショーンは地方検事を辞めようとするが、それをヴィゴタが説得して引き止める。

それから8ヶ月後、新人検事に対する初日の講義に地方検事として登壇したショーンは自分の経験をもとに新人たちに向けて検事としての心得を熱く説く。