NATOフォネティックコード

NATOフォネティックコード: NATO phonetic alphabet: Alphabet phonétique de l'OTAN)とは、欧文 通話表の中でも 北大西洋条約機構が定めた通話表である。無線通話などにおいて重要な文字・数字の組み合わせを正確に伝達するため、NATO [1]によって ラテン文字の通話規則を定めた。

概要

このコードは元々INTERCO(国際信号コード、 en)のサブセットである。なお、INTERCOでは、フォネティックコードのほかに、船舶用の視覚的・聴覚的な信号、すなわち 旗旒(きりゅう)信号発光信号、 音響信号( ホイッスルサイレン霧笛ベル)や、定型句を表す1-3文字の略語も規定していた。その後、無線の普及により、音声による通話のための共通信号の必要性が高まった。

「NATOフォネティックコード」という呼び名は、このコードが各海軍の艦船からなるNATO連合艦隊で採用された「Allied Tactical Publication ATP-1, Volume II: Allied Maritime Signal and Maneuvering Book」で規定されていたことによるものである。同書のもとになったINTERCOの「International Code of Signals」では、旗旒信号、発光信号、 モールス符号なども制定していた。そのため、電話・無線による音声通信に使用するためのコードである本コードは、「音声によるコード」という意味で「フォネティックコード(音声コード)」と呼ばれるようになったのである。

[1]。しかしながら、ATP-1はNATOの「秘密文書」(またはそれより低いレベルの指定である「機密文書」)であったので、厳密にはNATO加盟国以外は公的に使用することができなかった [2]。NATOの秘密・機密扱いでないバージョンが(敵対諸国、仮想敵国を含む)NATO外の国の軍隊にも提供されたが、彼らもそれを公開することは許されなかった。

アルファベットを表現するために使用する単語は、本コードを採用しているどの機関でも同一だが、数字を表現するために使用する単語は二種類の系統があり、組織ごとに二つのうちからどちらを使うか選択している。NATOでは通常の英語による 数字の読み、たとえば「0 = ゼロ zero」「1 = ワン one」を使用するのに対して(ただし、3は「ツリー tree」、5は「ファイフ fife」、9は「ナイナー niner」のように発音される)、IMOなどでは他の単語と組み合わせた語を使用する(0 = nadazero, 1 = unaone)。

他の言語で
Afrikaans: NAVO-spelalfabet
azərbaycanca: NATO əlifbası
беларуская (тарашкевіца)‎: Фанэтычны альфабэт
Bahasa Indonesia: Alfabet fonetik NATO
norsk nynorsk: Bravo
srpskohrvatski / српскохрватски: NATO fonetska abeceda
Simple English: NATO phonetic alphabet
slovenščina: NATO abeceda
Türkçe: İcao alphabet