Microsoft Windows 95

Windows 95
Microsoft Windows ファミリー
Windows 95 logo.svg
開発者
マイクロソフト
リリース情報
リリース日1995年8月24日(英語版)
1995年info]
最新安定版4.00.950C (OSR 2.5) - info]
ソースモデルクローズドソース
ライセンスMicrosoft EULA
カーネルモノリシックカーネル
先行品Windows 3.1
サポート状態
全サポート終了2001年12月31日(米国日時)

Windows 95(ウィンドウズ きゅうじゅうご)は、Microsoft Windows 3.1の後継として、マイクロソフト1995年に出したオペレーティングシステム (OS) である。正式名称はMicrosoft Windows 95 Operating Systemである。

Microsoft Windows (Windows) ファミリーの1つであり、コードネームChicago。Windowsの内部バージョンは4.0(初期版)である。

概説

別製品であったMS-DOSとWindowsが同一製品となった(同一になったとさかんに強調されがちだが、製品パッケージやインストールメディアとしての話であって、システムとして統合されたわけではない)。「使いやすさと性能を向上させたコンシューマ向けOS」というのが宣伝文句であった[1]。次のような機能が(Windows3.1時代などと比べた[2])特徴である。

ただし、上記の機能の中にはWindows for Workgroup 3.11やWindows NT 3.51で既に実装されていたものもある。一方で、最後に挙げられている項目である互換性は、Win95はその宣伝とは裏腹に、直接の親がWin3.1系であって、Windows NT系ではないということの単なる当然な帰結に過ぎない。Micorosoftの主力製品としてのWindowsが本当にWindows NT系に移行した後のバージョンでは消えたような互換性も多い。また「長いファイル名」(long file name)も、NTFSのようにきちんと対応したファイルシステムが導入されたわけではなく、VFATという、MS-DOSとの互換性のあるシステムに言わば無理矢理に立て増しした方式で実現されており、MS-DOSを介さず直接ディスクを操作することで一部の機能[3]を実現していたファイル管理ソフト「FD」などで、非互換性が発生した例など、広く信じられているイメージと実際とは異なっている。

グラフィカルユーザインタフェースの改善

NEXTSTEP風のウィジェットを採用し、ユーザインタフェース (UI) デザインの大幅な刷新が図られた。特に、アップルコンピュータとのGUI絡みの裁判が決着したことを背景に、タスクバースタートメニュー、マウスの右ボタンのクリックで表示される内容の一覧から希望する処理を選択するといったUIなど、従来のWindowsではアプリケーションランチャ、タスクマネージャとしてしか機能していなかったデスクトップを一般的なディレクトリ(フォルダ)のひとつとしたことで、他のディレクトリとシームレスにファイルを移動できるようになった点が革新的であった。

完成度の高かったこのGUIは、その後Windows NT系でもWindows NT 4.0で採用され、Windows 9x系においては、Microsoft Windows Me、Windows NT系においては、Windows 2000までほとんど変更を加えられずに引き継がれた。Windows 9x系の消滅後もWindows XPWindows VistaWindows 7のクラシックモードにおいてもWindows 95とほとんど同一のデザインが採用されていた。

ネットワーク機能の充実

ビジネス分野でのLANの普及に対応し、ネットワーク設定の容易化を進めた。特に日本では、ネットワーク機能付きのWindows for Workgroup 3.11が販売されず、代替としてWindows NT Workstation 3.5が他国の販売価格と比較して安価に提供されていたが、ごく一部の先進的なユーザが導入するに留まっていた。そういった背景もあり、Windows 95は大きな期待を集めた。当初の戦略としては、LANはNetBEUIまたはIPX/SPX、WANはパソコン通信(ホストとしてはMSNの利用を想定)を利用すると位置付けていたが、前年の1994年頃よりインターネットWWWの普及に弾みが付き始めたことに対応して、インターネットに必要な通信プロトコルTCP/IPを選択することもできた。

もっとも、ビル・ゲイツはインターネットの普及はまだ先であるとして、パソコン通信を前提としたネットワークを考えていた。それ故、Windows 95の初期バージョンには、インターネット関連の機能は搭載されておらず、「Microsoft Plus!」による拡張機能として、Internet Explorerを提供していた。しかし、ビル・ゲイツはWindows 95発売後すぐに、自分の判断の誤りに気づき、OSR2以降ではインターネット関連機能が標準搭載されるようになった。すなわち、OSR2ではTCP/IPが初期状態で選択されており、Windows 95を使えばインターネットに接続できるというイメージ戦略も成功し人気に拍車をかけることになった。

Win32 API

Win32 APIが提供され、高速な32ビットコードによるプログラムをWindows上で使用可能になった。ただし、Windows 95で実装されたWin32 API(かつてはWin32cと呼ばれていた)はWindows NTで実装されていたものと完全な互換性はなく、Windows 3.1で実装されていたもの (Win32s) とも異なるものであった。

ファイルI/Oの改善

ファイルI/Oを32ビットプロテクトモードで行い、MS-DOSのファイルI/O機能を使用せずにファイルI/Oを行えるようになった。これにより、MS-DOSのファイルI/O機能を使用していた以前のバージョンのWindowsよりファイルI/Oの性能が向上した。

なお、スワップファイルへのアクセスに限っては、Windows 3.1の段階で既に32ビットI/Oを実現していた。

その他

ファイルシステムであるFATを拡張し、VFATとしてWindows 3.1では不可能であった長いファイル名(最大255バイト)が利用可能になった。

プラグアンドプレイによる周辺機器の容易な増設など、分かりやすさを狙った設計となっていた。そのため、それまで専門的な知識を必要としたパソコンは誰でも手軽に使えるものになったと謳われた。

インターネットを使ってソフトの修正モジュールが配布されるようになったのも大きな特徴であった(初期版は特に修正モジュールが多かった)。

ゲームはWindows 3.1にもあったマインスイーパソリティアのほか、新たにWin32sの付属サンプルでもあったフリーセルハーツHover!(その後のWindowsには付属していない)が付属する。また、マルチメディア機能が強化され、後にDirectXが提供された。

DOSプロンプト」から複数のMS-DOSアプリケーションを同時に実行できるだけでなく、Windows 95を終了せずにリアルモードのMS-DOSを実行できた。Win16アプリケーションも実行でき、その場合は以前のバージョンのWindowsと同様の動作であった。VFATによる長いファイル名とファイルの拡張子によるアプリケーションの関連付けは不完全ながら下方互換性があり、Windows 95のファイルシステムをMS-DOSからアクセスできた。また、プロテクトモードのドライバを持たないデバイスをリアルモードのドライバを使用してWindows 95からアクセスできた。

Windows 95のパッケージ内容はMS-DOS 7.0/7.1とWindows 4.0のセットであり、MS-DOS 7.xを単独で起動したりWindows 3.1以前と同様MS-DOS用のメニューソフト(ランチャーソフト)やコマンドラインからWindows 4.0を起動することも可能である。また、PC-9800シリーズにおいてはMOディスクへのインストールおよびMOディスクからの起動が可能であり、ハードディスクを持たないWindowsマシンを構築することが可能である(PC/AT互換機および、Windows 98以降では不可能である)。

他の言語で
العربية: ويندوز 95
azərbaycanca: Windows 95
беларуская: Windows 95
беларуская (тарашкевіца)‎: Windows 95
български: Windows 95
bosanski: Windows 95
català: Windows 95
čeština: Windows 95
Чӑвашла: Windows 95
dansk: Windows 95
Ελληνικά: Windows 95
English: Windows 95
Esperanto: Windows 95
español: Windows 95
eesti: Windows 95
euskara: Windows 95
فارسی: ویندوز ۹۵
suomi: Windows 95
français: Windows 95
galego: Windows 95
हिन्दी: विंडोज़ 95
hrvatski: Windows 95
magyar: Windows 95
Bahasa Indonesia: Windows 95
italiano: Windows 95
Basa Jawa: Windows 95
ქართული: Windows 95
қазақша: Windows 95
한국어: 윈도우 95
kurdî: Windows 95
Latina: Windows 95
lietuvių: Windows 95
latviešu: Windows 95
मराठी: विंडोज ९५
Bahasa Melayu: Windows 95
မြန်မာဘာသာ: Windows 95
Nederlands: Windows 95
norsk nynorsk: Windows 95
norsk: Windows 95
occitan: Windows 95
polski: Windows 95
português: Windows 95
română: Windows 95
русский: Windows 95
sardu: Windows 95
Scots: Windows 95
srpskohrvatski / српскохрватски: Windows 95
Simple English: Windows 95
slovenčina: Windows 95
slovenščina: Windows 95
српски / srpski: Виндоус 95
svenska: Windows 95
тоҷикӣ: Windows 95
Tagalog: Windows 95
Türkçe: Windows 95
українська: Windows 95
oʻzbekcha/ўзбекча: Windows 95
vèneto: Windows 95
Tiếng Việt: Windows 95
吴语: Windows 95
ייִדיש: Windows 95
Yorùbá: Windows 95
中文: Windows 95
Bân-lâm-gú: Windows 95
粵語: Windows 95