Microsoft Bob

Microsoft Bob
開発元マイクロソフト
初版1995年3月10日(23年前) (1995-03-10[1]
最新版1.00a / 1995年8月30日(22年前) (1995-08-30[1]
対応OSWindows 3.1英語版9598XP[2]
サポート状況開発終了
種別GUI
ライセンスプロプライエタリ
公式サイトwww.microsoft.com
テンプレートを表示

Microsoft Bob(マイクロソフト ボブ)は、マイクロソフト1995年3月10日に発売、1996年初に開発終了したWindows系のGUI。Microsoft Bobの目的はWindows 3.1x英語版Windows 95Windows NTでより使いやすいユーザーインターフェースを提供して、プログラムマネージャを置き換えることにある。

インストールすると、プログラムマネージャに「Microsoft Bob」という項目が追加される。起動時のユーザー選択は、後のWindows XPのようこそ画面と似ている。Micosoft Bobは画面上に「家」を表示して、各「部屋」にアプリケーションを示す物体を置いている。例えば、机の上に紙、ペン、小切手帳などが置いてあり、紙かペンにクリックすることでワープロソフトが起動する。付属の「Bob Calendar」では月の満ち欠けを見ることができる。

当時流行した[注 1]"room metaphor"と言われるインターフェイスをWindowsで実現するためのものでもある。「room metaphor」は、Windowsで採用されたデスクトップメタファーの概念を発展させたもので、実際の部屋を模した見た目を持つ。

様々な理由から、このソフトウェアはマイクロソフトの失敗作として非難されることが多く、マイクロソフト自身もそれを認めている[3]

開発の経緯

Microsoft BobはWindows 95の発売(1995年8月)よりも前の1995年3月に発売されたが、発売前にはすでに"Utopia"というコードネームで広く知られている[4][5]。Bobのプロジェクトリーダーはマイクロソフト社の研究者カレン・フライス(Karen Fries)で、設計はスタンフォード大学 クリフォード・ナス英語版とバイロン・リーヴス(Byron Reeves)両教授の研究に基づくものだった[6]ビル・ゲイツの妻メリンダ・ゲイツも一時Bobのマーケティング・マネージャーを務めていた[7]。マイクロソフトははじめbob.comのドメイン名をボストン地域の技術者ボブ・アンティア(Bob Antia)から購入したが、後にそれをボブ・カースタイン(Bob Kerstein)のwindows2000.comと交換した[8]

他の言語で
català: Microsoft Bob
Deutsch: Microsoft Bob
Ελληνικά: Microsoft Bob
English: Microsoft Bob
español: Microsoft Bob
français: Microsoft Bob
italiano: Microsoft Bob
Nederlands: Microsoft Bob
português: Microsoft Bob
русский: Microsoft Bob
Simple English: Microsoft Bob
svenska: Microsoft Bob
Türkçe: Microsoft Bob