K-Pg境界

顕生代の生物多様性(属レベル)の推移。横軸は年代を表し単位は百万年。灰色が大量絶滅を最初に示したセプコスキのデータ、緑色が"well-defined"データ、黄色の三角が5大絶滅事件。右端の6550万年前の谷が恐竜が絶滅したK-Pg境界

K-Pg境界(ケイ・ピージーきょうかい、: Cretaceous-Paleogene boundary)とは地質年代区分の用語で、約6550万年前[1]中生代新生代の境目に相当する。顕生代において5回発生した大量絶滅のうちの最後の事件[注釈 1]恐竜を代表とする大型爬虫類やアンモナイトが絶滅したことで有名であるが、海洋のプランクトンや植物類にも多数の絶滅種があった。種のレベルで最大約75%の生物が絶滅した[2]。また個体の数では99%以上が死滅した[3]

K-Pg境界では、後述するように、メキシコのユカタン半島付近に直径約10kmの巨大隕石チクシュルーブ衝突体)が落下したことが知られている。この隕石落下が、大量絶滅の引き金になったとされる。

他の言語で
Gaeilge: Díobhaí K-T
srpskohrvatski / српскохрватски: K-T izumiranje
Simple English: K/T extinction event