Inferno (オペレーティングシステム)

Inferno
Inferno 4th Edition
Inferno 4th Edition
開発者ベル研究所 / Vita Nuova Holdings
プログラミング言語C
OSの系統Unixの後継
開発状況開発中
ソースモデルフリーソフトウェア / オープンソース
最新安定版リリースFourth Edition / 2007年2月2日
対応プラットフォームx86, MIPS, ARM, PowerPC, SPARC
カーネル種別仮想機械
ライセンスGPL / LGPL / MIT
ウェブサイトVita Nuova
テンプレートを表示

Infernoは、分散システムのためのオペレーティングシステム (OS)。Plan 9 from Bell Labs (Plan 9) を開発した経験を元に、その後のベル研究所でのOS、言語、オンザフライ・コンパイラ、グラフィックス、セキュリティ、ネットワーク、移植性などの研究成果を盛り込んでいる。

Infernoアプリケーションは様々なハードウェア、ネットワーク、環境に移植可能である。任意のマシンに実装可能な仮想機械 (Dis) がベースになっている。また、型安全な言語Limboが移植性の高いバイトコードを生成する。さらに、ハードウェア上で直接動作する場合でも、他のOS上でアプリケーションとして動作する場合でも同じインターフェースを提供する仮想オペレーティングシステムを含む。

リソースアクセスは、ローカルでもリモートでもStyxという通信プロトコルを使う。例えばアプリケーションが標準的なファイル操作(オープン、リード、ライト、クローズ)を行う場合もその通信プロトコルを経由する。第4版 (Fourth edition) では、StyxはPlan 9の新しいバージョンでの9Pプロトコル (9P2000) と全く同じである。

OSの名称、関連プログラムの名称、さらには Vita Nuova Holdings という企業名は、ダンテ・アリギエーリの作品、特に『神曲』に由来している。