Help:過去ログ

ウィキペディア日本語版ヘルプページです。


ウィキペディアではノートページが大きくなりすぎた時に、議論を過去ログ(アーカイブ)化することがあります。過去ログの所在は通常ノートページの冒頭で示されます。疑問に思ったことが、過去に終わった議論の中に含まれていることもよくあります。

肥大したノートページは読みにくく、時期を逸した内容が含まれ、また、インターネットの接続環境があまりよくない利用者にとっては大きくて重いページは不都合ですから、過去ログ化は一般によいことと考えられています。ただし、議論の最中はそれまでの議論を見渡せることが大切ですので、可能であれば議論が落ち着いている頃合いを見て過去ログ化することが推奨されます(なお、一般の記事など、ノートページ以外の多くのページは過去ログ化されません。これらの過去の版は履歴で確認します)。

以下で述べるように、ノートページの過去ログには大きく分けてサブページを使う方法と、過去の版へのリンクを使う方法の2種類があります。どちらの方法をとるにしても、進行中の議論は現在のノートページに残すようにしてください。また、過去ログへのリンクには日時と、主な議論の要点を添えるとよいでしょう(過去ログ化に際してはリファクタリングをするとよい場合もあるかもしれません)。

利用者の会話ページについては、「過去ログ」をつくることは必須ではありません。ウィキシステムの特性上履歴が保存されていますので、自分の会話ページの白紙化も認められます。(過去の議論を追いやすくするために過去ログ化が推奨されています。)なお、管理者によって荒らしと判断されブロックされたアカウント利用者の会話ページに書かれた警告文は、管理業務の妨げとなりますので、ブロック解除申請の承認まで除去してはいけません。

他の言語で
Esperanto: Helpo:Arkivigi
français: Aide:Archivage
hornjoserbsce: Pomoc:Archiwowanje
ភាសាខ្មែរ: ជំនួយ:Archiving a talk page
srpskohrvatski / српскохрватски: Wikipedia:Kako arhivirati stranicu za razgovor