Help:脚注

ウィキペディア日本語版ヘルプページです。


ウィキペディアの脚注機能を用いると、記事本文の内容に関する参考文献や注釈といった短い補足コメントを、記事の末尾など本文とは別の場所にまとめて表示することができます。本文中に置いた専用のリンクをクリックすることで、対応する脚注コメントを参照します。

具体的にはこの文末にあるものです[解説 1]

ここでは脚注の作成方法の技術的な説明をします。編集・執筆者向けのものです。読者向けの脚注の使用法についてはHelp:脚注/読者向けをご覧ください。また、本文書では説明しませんが、Wikipedia:出典テンプレート#ハーバード参照方式を使用すれば記述を簡易化でき、同一文書を何度も参照するのに便利です。

Wikipedia:出典を明記するでは、編集・執筆者向けに、なぜ出典を明記しなければならないかや、出典にどのような内容を記述するべきかについて説明されています。

脚注の作成方法

半角文字の <ref></ref> で通常の文を囲みます。すると、囲われた文は文章中のその場所には表示されない脚注コメントとなり、代わりに通し番号が割り振られたリンク記号がその場所に表示されます。<ref>の代わりに<ref name="○○">と書くこともできます。○○の部分には簡潔に脚注を区別して表す文字列を入れます。このことによって、同じ脚注を異なる場所から参照できるようになります(方法は後述)。一定の条件のもとでは引用符を省略することができます。文字列についての条件は下の#name、group属性に用いる文字列の詳しい仕様節をご覧ください。

記述例 表示結果
このように本文中に脚注コメントを記述すると、実際には通し番号の脚注リンク記号が表示されます<ref>ここは脚注コメントです。本文と別の場所にリンク表示されます。</ref>。

脚注機能を利用すると、記事の出典や参考文献をスマートに参照することができます<ref name="example">ウィキ田ペディ夫『俺は百科事典』明美書房刊、2007年O月X日発行(46-49ページ)</ref>

このように本文中に脚注コメントを記述すると、実際には通し番号の脚注リンク記号が表示されます[1]

脚注機能を利用すると、記事の出典や参考文献をスマートに参照することができます[2]

こうして作成された脚注コメントは、半角文字で<references />またはも参照。

記述例 表示結果
  1. ^ ここは脚注コメントです。本文と別の場所にリンク表示されます。
  2. ^ ウィキ田ペディ夫『俺は百科事典』明美書房刊、2007年O月X日発行(46-49ページ)

以上が、脚注リンクの作成方法です。実際の記事執筆に取りかかる前に、下記の#スタイルと用法節にあるアドバイスも併せてお読みください。

複数箇所に同じ脚注を付ける

記事中の他の場所から同じ脚注を参照させたい場合は、脚注リンクの識別名(○○の部分)を同じにします。このとき2つ目以降の脚注コメントは無視されるため、省略が可能です。その場合、<ref name="○○" />とだけ記述してもかまいません。

記述例 表示結果
通常はそれぞれの脚注リンクに個別の番号が順に割り振られますが<ref>各脚注コメント横の^マークをクリックすると対応する番号の位置に戻ります。複数の箇所から参照される場合はアルファベット記号が表示されます。</ref>、同じ識別名の脚注リンクには同じ番号が表示されます<ref name="example">同じ識別名の脚注リンクのうち、2つ目以降のここのコメントは表示されないため省略可能です。</ref>。

後者の場合、上で紹介した略記法が使用できます<ref name="example" />。

== 脚注 ==

通常はそれぞれの脚注リンクに個別の番号が順に割り振られますが[1]、同じ識別名の脚注リンクには同じ番号が表示されます[2]

後者の場合、上で紹介した略記法が使用できます[2]

脚注
  1. ^ 各脚注コメント横の^マークをクリックすると対応する番号の位置に戻ります。複数の箇所から参照される場合はアルファベット記号が表示されます。
  2. ^ a b 同じ識別名の脚注リンクのうち、2つ目以降のここのコメントは表示されないため省略可能です。

タグを使えば、同一の脚注を自動で集約化します。詳細は「Wikipedia:出典テンプレート#ハーバード参照方式」を参照してください。

基礎情報テンプレートなど、テンプレートの仕様変更により引数が出力されなくなることもあります。その際、脚注コメントをテンプレートの引数に記述していると、エラーが表示されてしまいます。出来る限り本文中に脚注コメント本体を記述した方が良いでしょう。

他の言語で
беларуская: Вікіпедыя:Зноскі
भोजपुरी: मदद:फुटनोट
ગુજરાતી: મદદ:Footnotes
Bahasa Indonesia: Bantuan:Catatan kaki
italiano: Aiuto:Note
Bahasa Melayu: Wikipedia:Nota kaki
ଓଡ଼ିଆ: ସହଯୋଗ:Footnotes
română: Ajutor:Note
slovenčina: Pomoc:Referencie
српски / srpski: Помоћ:Фусноте
українська: Довідка:Виноски
Tiếng Việt: Trợ giúp:Cước chú
中文: Help:脚注