FTTH

FTTHの装置の一例。
灰色のボックスがメディアコンバーター( 光回線終端装置などを内蔵)
メディアコンバーターの左下が光ケーブル、右下が イーサネットケーブル(写真は RJ-45)である。

Fiber To The Home(ファイバー・トゥ・ザ・ホーム)または略してFTTH(エフ・ティー・ティー・エイチ)とは 光ファイバーを伝送路として一般個人宅へ直接引き込む、アクセス系 光通信構成方式のことである。また一般個人宅に限らず、同様の形態でサービスの提供を受ける 小規模なオフィスも含めてFTTP(Fiber To The Premises:敷地)ということもある。

収容局設備から各ユーザー宅までの ラストワンマイルにおいて光通信の伝送システムを構築し、広 帯域(主に100 M bps - 10 Gbps)の常時接続サービスを主に提供するものである。

なお光通信分野における広義のFTTHは光ファイバーを伝送路に使用したアクセス系通信システムの総称として、 FTTxに示される網構成によるものも含める。狭義のFTTHはFTTxのうち一般個人宅まで直接引き込まれる網構成のみをいい、区別される。

特徴

利点

電話線を利用するADSLと比較して、収容局(中継局)からの 線路長が長くても 伝送損失の影響が少なく、また 道路鉄道AMラジオ放送といった ノイズ源からの干渉等による外部の影響も受けない。それらを原因とした速度低下や切断(再トレーニング)も少なく、安定した通信が可能である。収容局から加入者宅までの通信可能距離は、後述するPONの場合では概ね20kmまでとなっている。

安定した IP電話IP テレビ電話光波長多重通信による多チャンネルの ケーブルテレビデジタルテレビ放送を含む)の同時伝送等の多彩なサービスの提供が可能である。上り(≒送信)の帯域がADSLよりも確保されているため、撮影した 動画の送信や自宅 サーバ運営など大容量のデータをやりとりする環境では大きな利点となる。

欠点

既存の通信網( 電話線、ケーブルテレビなど)を利用するわけではなく新規に光通信網を構築するため、サービスエリアの拡大に多大な費用がかかる。そのため、提供されるエリアは都市部や需要のある地域などに限定される。尚、離島でも 八丈島のように Bフレッツが利用可能な例もある。

各戸への光ケーブルの引き込みが考慮されていない設計が古い マンションアパートなどの 集合住宅ビルでは、戸別導入は難しい。そのため LAN配線、 VDSLFWAなどを利用する。これらはFTTHに含めず FTTBと呼ばれる。ただし、設計が古いマンションでも、要望すれば各戸への引き込みが可能な場合がある。

通信に利用される ガラス製の光ケーブルは従来その性質から屋内の配線での自由な取り回しが利かず、また取り扱いに一定の知識・技術、専用の工具を要するため、一般の用者が自由に配置換えなどをすることは困難であった。近年では比較的折曲げに強いタイプのケーブルが開発されるなど、多少の進歩が見られる

ISPが最大通信速度100Mbps - 10Gbpsを ベストエフォートで提供している。これは、加入者と局舎間の通信規格上の最大速度であって、光ファイバーの芯を共有(下記参照)し、数Gbps - 数十Gbps程度の バックボーン回線を使用しているため、 インターネットなどへの通信速度は最大値から大きく下回る場合が多い。

他の言語で
català: FTTH
Ελληνικά: Fiber to the Home
français: Réseau FTTH
galego: FTTH
hrvatski: FTTH
한국어: FTTH
polski: FTTH
português: FTTH
中文: FTTH