Do J

スペインのドルニエ Do J

ドルニエ Do J(Dornier Do J)は、ドイツの高翼単葉の全金属製双発飛行艇クラウディウス・ドルニエの手により設計・開発が行われた。初飛行は1924年

ヴァールWal; ドイツ語で「」。「ワール」とも表記)という愛称でもよく知られている。

概要

ワールは縦列に並べた2機のエンジンと主翼を支柱で胴体よりも高い位置に配し、海上での安定を図るためスポンソンと呼ばれる小翼が胴体側面についている。機体は全金属製で胴体上部や翼は波板になっている。

第一次世界大戦の敗戦によりヴェルサイユ条約でドイツでは航空機の製造が禁止されていたため、ドルニエと技術提携していたイタリアCMASA社で製造された。その後、スイススペインオランダ・日本の川崎造船所でもライセンス生産された。ドイツで製造されるようになったのは1933年以降で、ライセンス生産も含めた総生産数は約300機になった。1925年のロアール・アムンセン北極飛行や、1932年のヴォルフガング・フォン・グロナウ世界一周飛行など、冒険飛行や記録飛行に使用された。

スペック

  • 全長 17.25m
  • 全幅 22.50m
  • 全高 5.25m
  • 主翼面積 96.00m2
  • 自重 3,630kg
  • 全備重量 5.700kg
  • エンジン ロールスロイスイーグル9水冷式V型12気筒エンジン 360馬力 2機
  • 最大速度 185km/h
  • 巡航速度 150km/h
  • 航続距離 2,200km
  • 乗員 3名
  • 乗客 8-10名
他の言語で
العربية: دورنير دو جيه
català: Dornier Do J
Deutsch: Dornier Wal
English: Dornier Do J
español: Dornier Do J
français: Dornier Do J
hrvatski: Dornier Do J
italiano: Dornier Do J
latviešu: Dornier Wal
polski: Dornier Do J
português: Dornier Do J
русский: Dornier Do 16
српски / srpski: Дорније Do J
svenska: Dornier Wal
тоҷикӣ: Dornier Do J
українська: Dornier Do J
Tiếng Việt: Dornier Do J