Diode-transistor logic

DTLによる2入力 NANDゲートの単純化した回路図

Diode-transistor logic (DTL) は バイポーラトランジスタダイオード抵抗器で構成される、 ディジタル回路において 論理回路を実現する方式の一種である。 transistor–transistor logic (TTL) はDTLが発展したものである。 ANDゲートなどの論理ゲート機能をダイオードのネットワークで実現し、増幅機能をトランジスタで実現しているため、( RTLTTLとの対比で)このように呼ばれている。

動作

DTL論理回路は、右図では D1, D2, R1 で構成されている論理演算を実現する前半のダイオード論理( en:Diode logic)部分と、後半のトランジスタによるアンプ部分から成る。この回路図に示されているように、トランジスタのベースに負のバイアス電圧をかける必要があり、それによって不安定または不正な動作を防ぐ。代替手法として、ゲートのファンアウト(後段のゲートを駆動できる能力)を増大させるためにトランジスタやダイオードを追加して回路を構成することもある [1]IBM 1401 は右図のような単純なDTL回路を使っていたが、上述のベースのバイアス電圧の問題を解決するため、ダイオードを追加するのではなく異なる電源電圧で動作するNPNとPNPに基づくゲートを交互に配置していた。

集積回路化する場合、図のR3を2個のダイオードで置き換え、入力の一方または両方がLOの場合にベース電流が流れるのを防ぐ。その上でR4も削除して単一の電源電圧だけで動作するようにする [2]