DNAリガーゼ

DNA修復を行うDNAリガーゼI(イメージ図)

DNAリガーゼ(ディーエヌエーリガーゼ、DNA ligase)は、 DNA鎖の末端同士を リン酸ジエステル結合でつなぐ 酵素である。生体内では主として DNA複製DNA修復に寄与している。一方、 遺伝子工学組換えDNAを作るために頻繁に利用されている。 6.5.1.1(基質 6.5.1.2(基質 NAD+)。英語での発音に倣ってDNAライゲースともいい、ポリデオキシリボヌクレオチドシンターゼポリヌクレオチドリガーゼなどとも呼ばれる。

反応機構

DNAの3'末端(アクセプター)と、DNAの5'末端(ドナー)との間にリン酸ジエステル結合をつくる。よく知られている真核生物やファージの酵素では反応にATPを必要とし、以下のように進行する [1]

  1. ATPが酵素の活性中心のリジン残基に結合してAMPとなり、 ピロリン酸が放出される。
  2. AMPがDNA5'末端のリン酸基に転移され、ピロリン酸結合を生じる。
  3. 5'末端の リン酸基と3'末端の 水酸基との間にリン酸ジエステル結合を生じ、AMPが放出される。

たとえば大腸菌など真正細菌のDNAリガーゼは、ATPではなくNAD+を補酵素として要求し、ピロリン酸の代わりに ニコチンアミドモノヌクレオチド (NMN) が放出される。

他の言語で
català: ADN ligasa
čeština: DNA ligáza
Deutsch: DNA-Ligase
English: DNA ligase
español: ADN ligasa
français: ADN ligase
galego: ADN ligase
Հայերեն: ԴՆԹ լիգազ
Bahasa Indonesia: DNA ligase
italiano: DNA ligasi
македонски: ДНК лигаза
Nederlands: DNA-ligase
polski: Ligaza DNA
português: DNA ligase
srpskohrvatski / српскохрватски: DNK ligaza
slovenčina: DNA ligáza
српски / srpski: DNK ligaza
svenska: DNA-ligas
Türkçe: DNA ligaz
українська: ДНК-лігаза
中文: DNA連接酶