B-1 (航空機)

B-1 ランサー

Defense.gov News Photo 081210-F-7823A-198.jpg

B-1は、 B-52の後継機として 1965年にスタートしたAMSA(次期有人戦略機)計画により、 ロックウェル社開発の、 アメリカ空軍可変翼(VG翼) 戦略爆撃機。公式の愛称は「ランサー」(Lancer: 槍騎兵の意)。

B-1は当初B-1Aとして 超音速で敵領空内に低空侵入する長距離戦略 核爆撃機として開発が進められたが、曲折を経て、緊急 近接航空支援という以前とはまったく別の任務を担うB-1Bが配備されている。

概要

大型 爆撃機としては珍しい可変翼、15度から67.5度の後退角で幅広い速度領域をカバーしている。最高速度は、 空気取り入れ口が可変式のA型で M2.2、固定式となったB型ではM1.25となっている。また、後述するブレンディッドウィングボディによる胴体設計により、 レーダー反射断面積B-52の1/100になっており、レーダーによる発見率は低いといわれている。

ロックウェル社の 航空宇宙部門は、 ボーイング社に 吸収され、現在は同社が供給。 ソ連Tu-160 ブラックジャックは、B-1を参考に開発されたと言われる。これは両者の外見が酷似しているためだが、両者は技術的に大きく違い、寸法もTu-160が一回り以上大きい。同じような現象は同時期の米ソ両国の宇宙往還機 スペースシャトルブランにおいても見られる。

2012年時点で、66機保有。 2016年8月には 太平洋軍傘下のもと米領 グアムにも配備、 北朝鮮まで約2時間で到達可能 [1]

他の言語で
العربية: بي-1 لانسر
беларуская (тарашкевіца)‎: Rockwell B-1
български: B-1
dansk: B-1 Lancer
Deutsch: Rockwell B-1
Ελληνικά: Rockwell B-1 Lancer
فارسی: بی-۱ لنسر
עברית: B-1 לנסר
hrvatski: B-1 Lancer
magyar: B–1 Lancer
Bahasa Indonesia: Rockwell B-1 Lancer
한국어: B-1 랜서
Bahasa Melayu: B-1 Lancer
Nederlands: B-1 Lancer
پنجابی: بی-1 لینسر
русский: Rockwell B-1 Lancer
srpskohrvatski / српскохрватски: B-1 Lancer
Simple English: Rockwell B-1 Lancer
slovenčina: Rockwell B-1 Lancer
slovenščina: Rockwell B-1 Lancer
українська: Rockwell B-1 Lancer
Tiếng Việt: Rockwell B-1 Lancer