APTX4869

名探偵コナン > APTX4869

APTX4869(アポトキシンよんはちろくきゅう、APOPTOXIN4869[1])は、青山剛昌の漫画『名探偵コナン』およびその派生作品に登場する架空毒薬である。

概要

黒の組織の科学者[注 1]であるシェリーこと宮野志保(灰原哀)が、同じく黒の組織の科学者[注 1]であった両親の宮野厚司宮野エレーナから受け継ぎ開発している薬物[3]。シェリーが組織から逃亡した影響で開発が滞っており、本来の開発目的である薬は試作段階のままとなっている。

もともと本薬は毒薬として開発されたものではなく、他の何らかの効果を求めて作られたものらしく、後に灰原も江戸川コナンに「毒なんて作っているつもりはなかった」と語っている[3]。だが、マウスを使った実験ではそのほとんどが死に至るうえ、体内から毒物反応が出ないという、完全犯罪用の毒薬としても利用できることを知った組織は、シェリーに無断で暗殺への使用を決定した。その一方、1匹のマウスだけが死亡せずに幼児化する[注 2]という事例が確認されていたが、シェリーは組織に反発していたこともあってか、それを報告せずにいた。

報告を受けていない組織は、本薬に幼児化の副作用があるとは知らないまま暗殺に使い始め、その被害者の1人となったのが工藤新一であった。組織の裏取引を目撃した新一の口封じとして、組織の幹部であるジンにより「まだ人間には試したことがない完全な毒薬」として投与されたものの、新一が死に至ることはなく、実験段階でシェリーだけが認識していた幼児化の現象が現れた。その前後にも暗殺に多用された形跡があり、新一以外の服用者の全員死亡が確認された一方、新一だけが例外として「不明」のデータが記録されていた(後述の「被害者」参照)。

その後、新一が幼児化して生きていることを察知したシェリーは彼に研究者としての強い興味を持ち、組織から守るためにデータを「死亡」に書き換える[3]。まもなく、シェリーは組織への反発から研究を中止したために監禁されるが、わずかに隠し持っていた本薬を自殺目的で服用したところ、新一と同様の幼児化現象が現れ、組織からの脱出を果たした[3]

本薬の本来の開発目的については作中で明言されていないが、灰原や組織の一員であるピスコの台詞や原作28巻第8話「悪魔の矢」に登場する名簿など、若返りあるいは不老不死の可能性を示唆する表現が散見できる[注 3]

薬の開発コード「4869」を語呂合わせにして読むと、名探偵であるシャーロック・ホームズのファーストネームになることや、本薬自体がまだ試作段階であることから、組織の所属者には「出来損ないの名探偵」という通り名で呼ばれることがある。さらに、組織のコンピュータに記録された本薬のデータにアクセスする際のパスワードは、『名探偵ホームズ』という作品自体が試作段階だったときに作者アーサー・コナン・ドイルが仮名として付けた "Shellingford Holmes(シェリングフォード・ホームズ)" のファーストネームを取って "Shellingford" と設定されている。

エレーナは本薬の脅威を考えながらも、願いを込めて夫の厚司とともに「シルバーブレット(銀の弾丸)」と呼んでいた。どの程度まで効能を自覚していたかは不明だが、本薬の開発自体には意欲的だった模様。また、宮野夫妻と親しく開発中の本薬について聞かされていたピスコは、身体が幼児化した灰原を見て「まさか君がここまで進めていたとは…。事故死したご両親もさぞかしお喜びだろう。」と語っているが、ベルモットは「こんな愚かな研究」と評している。

なお、現実世界の化学物質としてのAPTXとは、 アプラタキシン英語版と呼ばれる早発性失調原因遺伝子である。

他の言語で
العربية: عقار APTX4869
español: APTX4869
français: APTX 4869
italiano: APTX4869
한국어: APTX4869
ไทย: APTX4869
中文: APTX4869