AIFF

Audio Interchange File Format
(AIFF)
拡張子.aiff
.aif
.aifc
MIMEタイプaudio/x-aiff
audio/aiff
タイプコードAIFF, AIFC
UTIpublic.aiff-audio
public.aifc-audio
開発者アップル
初版1988年1月21日 (1988-01-21)[1]
最新版
1.3
(1989年1月4日(29年前) (1989-01-04
AIFF-C / 1991年7月(27年前) (1991-07[2])
種別音声ファイルフォーマット, コンテナフォーマット
派生元Interchange File Format
拡張Resource Interchange File Format

AIFF (Audio Interchange File Format、読みは後述) は、アップルにより開発された音声ファイルフォーマットである。

AIFFは主としてMacintoshAmiga上で使われ、ファイルに格納した場合の拡張子は、.aiff、.aif、.aifc、.afc。これより、読み方にはエーアイエフエフや、エーアイエフが用いられている。日本ではアイフと呼ばれることもある。

形式

AIFFは一般には非圧縮[3]リニアPCMサンプリングデータ用のフォーマットとして扱われるが、実態はコンテナフォーマットであり、直接音源が記録されているわけではない[要出典]。そのため、非可逆圧縮も利用でき、この場合ファイル拡張子は.aifc(英語: AIFF-Compressionより)となる。

データ形式はRIFFそのものである。というのもRIFF自体はAIFFを参考にして作られた[要出典]。4バイトのチャンク名と4バイトのチャンク長(ビッグエンディアン)、データという形式である。

他の言語で