2018年アルジェリア空軍Il-76墜落事故

アルジェリア空軍 Il-76
Photograph of an Algerian Air Force Ilyushin Il-76.
同型機のIl-76
の概要
日付2018年4月11日
現場アルジェリアの旗 ブファリック空港英語版付近
乗客数247
乗員数10
死者数257(全員)
生存者数0
機種イリューシン Il-76
運用者アルジェリアの旗 アルジェリア空軍英語版
機体記号7T-WIP
出発地アルジェリアの旗 ブファリック空港英語版
経由地アルジェリアの旗 ベシャール・ウアカダ空港英語版
目的地アルジェリアの旗 ティンドーフ空港英語版
テンプレートを表示

2018年アルジェリア空軍Il-76墜落事故は、2018年4月11日にブファリック空港英語版からベシャール・ウアカダ空港英語版を経由してティンドーフ空港英語版へ向かう予定だったアルジェリア空軍英語版イリューシン Il-76が離陸直後に墜落した事故。乗員乗客257人が全員死亡した。アルジェリア史上最悪の航空事故であり、アルジェリア航空9289便墜落事故英語版を上回る死者を出した。Il-76で発生した事故としては、2003年のイラン革命防衛隊Il-76MD墜落事故に次いで二番目に死者数が多い事故となった[1]

事故の経緯

現地時間8時00分(7時00分 UTC)にブファリック空港を離陸した直後に墜落し爆発炎上した[2] ブファリック空港英語版から ベシャール・ウアカダ空港英語版を経由し、 ティンドーフ空港英語版へ向かう予定であった[1][3] 。乗員10人と乗客247人が死亡したと報告された[4][5]。アルジェリア人民軍のメンバーとその家族が乗客として搭乗していた[6]ポリサリオ戦線のメンバー26人も死亡したと報じられている[7]

サハラ難民キャンプの30人も事故機に搭乗しており、死亡したと発表された。彼ら医療的な理由や官僚的な理由でアルジェリアを訪れていた。サハラ難民キャンプの人々は無償で軍用機に乗ることができた[3]

目撃者は、事故機の翼が墜落前に燃えていたと証言した[8]

自治体は、14台の救急車、10台の消防車、130人の救急隊員を派遣した。墜落後に、付近の道路は一時的に閉鎖された[9]

他の言語で