2003 FIFA女子ワールドカップ

2003 FIFA女子ワールドカップ
大会概要
開催国アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
日程2003年9月20日 - 10月12日
チーム数16 (6連盟)
大会結果
優勝ドイツの旗 ドイツ (1回目)
準優勝スウェーデンの旗 スウェーデン
3位アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
4位カナダの旗 カナダ
大会統計
試合数32試合
ゴール数107点
(1試合平均 3.34点)
総入場者数656,789人
(1試合平均 20,525人)
得点王ドイツの旗 ビルギット・プリンツ(7点)
最優秀選手ドイツの旗 ビルギット・プリンツ
 < 19992007

2003 FIFA女子ワールドカップ: FIFA Women's World Cup USA 2003)は、2003年9月20日から10月12日にかけて、アメリカ合衆国で開催された第4回目のFIFA女子ワールドカップである。1991年第1回大会から1999年第3回大会までは「FIFA女子世界選手権」(: FIFA Women's World Championship)であったが、今大会から大会名が正式に「FIFA女子ワールドカップ」(: FIFA Women's World Cup)となった。

開催までの経緯

当初は中国で9月28日から10月16日にかけて開催される予定だったが、SARS(新型肺炎)の影響で開催返上となり、前回大会に続きアメリカでの開催となった。

前回大会までは、ワールドカップがその翌年に開かれるオリンピックサッカー競技の予選を兼ねるものとされていたが、この大会ではそのような措置はなくなり、各大陸連盟別にオリンピックの予選を行うものとされた。ただし、欧州サッカー連盟(UEFA)は個別の予選を実施することが日程上困難であったため、ワールドカップの成績により欧州からのオリンピック出場チームを決定するものとした。[1](結果、ドイツスウェーデン翌年のオリンピックの出場権を得た。)

日本ではこの大会がTBSテレビフジテレビにより生放送(日本戦3試合の平均視聴率2.6%)され、未明にもかかわらず女子サッカーとしては異例の扱いといえるものであったが、その理由として前年(2002年)に国内で2002 FIFAワールドカップが行われたこと、メキシコとのプレーオフで注目が集まったことなどが考えられる。

他の言語で