1971年のF1世界選手権

1971年の FIA フォーミュラ1
世界選手権
前年: 1970 翌年: 1972
一覧: 開催国 | 開催レース

1971年のF1世界選手権は、 FIA フォーミュラ1世界選手権の第22回大会である。 1971年 3月26日南アフリカで開幕し、 10月3日アメリカ合衆国で開催される最終戦まで、全11戦で争われた。

シーズン概要

前年に ヨッヘン・リントが事故死した後、ロータスは エマーソン・フィッティパルディのような若くて未経験なドライバーと共に散漫なシーズンを過ごすこととなった。チームは再び ガスタービン車や四輪駆動車の実験に多くの時間を費やした。そういったシャシーの開発は マトラ・MS80の影響を大きく受けたものであったが、71年シーズンは結局よりコンベンショナルなシャシーを投入した ティレルジャッキー・スチュワートがタイトルを制した。

ジョー・シフェールペドロ・ロドリゲスが71年シーズンに事故死している。

他の言語で