13thフロア・エレベーターズ

13thフロア・エレベーターズ
出身地アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州オースティン
ジャンルサイケデリック・ロック
ガレージ・ロック
活動期間1965–1969, 1978, 1984
レーベルInternational Artists
Radar
Charly
共同作業者ロッキー・エリクソン、ザ・スペーズ、ザ・リングズメン
旧メンバーロッキー・エリクソン
トミー・ホール
ベニー・サーマン
ジョン・アイク・ウォルトン
ステイシー・サザーランド
ロニー・レザーマン
ダニー・トーマス
ダニー・ガリンド
デューク・デイヴィス

13thフロア・エレベーターズ (The 13th Floor Elevators) は、アメリカ合衆国のロックバンド。ギタリストボーカリストのロッキー・エリクソン、エレクトリック・ジャグ奏者のトミー・ホール、ギタリストのステイシー・サザーランドらによってテキサス州オースティンで結成され、1965年から1969年まで活動した。[1] その間、インターナショナル・アーティスツ・レーベルから4枚のLPと7枚のシングル盤を発表している。[2]

1966年から1967年にかけて、13thフロア・エレベーターズは商業的な成功を収め、アーティストとしての評価も獲得したが、法律上の問題やドラッグの使用問題に巻き込まれて1968年の終わりごろにはバンドは崩壊状態となった。彼らはごく初期のサイケデリック・ロックバンドのひとつであり、当時の彼らの影響力はZZトップのビリー・ギボンズ、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニーのピーター・アルビン、ザカリー・サックスのChris Gerniottisらが認めている。彼らのデビューシングルYou're Gonna Miss Meは1966年にビルボードのチャートで55位のヒットを記録し、後の1972年にガレージロックコンピレーション・アルバムであるNuggets: Original Artyfacts from the First Psychedelic Era, 1965-1968にも収録されたことでパンク・ロックの成立にも寄与した( 著名なパンク・バンドであるテレヴィジョンは1970年代中盤、13thフロア・エレベーターズの楽曲Fire Engineをライブで演奏していた)。80年代から90年代にかけては、プライマル・スクリームスペースメン3といった重要なバンドにも影響を与えた(どちらのバンドも13thフロア・エレベーターズの楽曲をカバーしている。また14 Iced Bearsはシングル曲の中でエレクトリック・ジャグを使用した)。2009年、インターナショナル・アーティスツはSign of the 3-Eyed Menと題する10枚組CDボックスセットをリリースした。アルバム曲のモノバージョンや別テイク、未発表曲やライブ音源などが収録されている。