龍鳳 (空母)

大鯨 / 龍鳳
改造完成し、全力公試中の龍鳳。 (1942年11月)[1]
改造完成し、全力公試中の龍鳳。
(1942年11月)[1]
基本情報
建造所横須賀海軍工廠[2]
運用者 大日本帝国海軍
艦種潜水母艦[3]航空母艦
前級大鷹型航空母艦
次級雲龍型航空母艦
建造費建造時予算 11,948,600円[4]
母港横須賀 → 呉 → 舞鶴[5]
艦歴
計画昭和8年度(マル1計画の)追加計画[4](1933年)
起工1933年4月12日[2]
進水1933年11月16日[2]
竣工1934年3月31日潜水母艦として[2]
1942年11月30日空母へ改装完了[6]
除籍1945年11月30日[7]
その後1946年4月2日から9月25日解体[8]
改名大鯨[9] → 龍鳳[10]
要目(空母改造時)
基準排水量13,260英トン[11][注釈 1]
公試排水量計画 15,200トン[11][注釈 2]
または15,221トン[12]
最終時 15,278トン[6]
満載排水量16,700トン[要出典]
または 16,280.10トン[13][注釈 2]
全長215.65m [11]
水線長210.00m[11] または 212.074m[12]
垂線間長197.30m[11]
最大幅船体最大幅 20.00m[11]
水線幅19.58m[11] または 19.784m[12]
深さ11.30m[11]
飛行甲板改装時 長さ:185.0m x 幅:23.0m[11]
最終時 長さ約200.0m[14] または206m[6]
エレベーター(13x12m)2基[15]
吃水公試平均 6.64m[11]
または 6.664m[12]
満載平均 7.00m[11][注釈 2]
最終時:6.68m[6]
ボイラーロ号艦本式缶(空気余熱器付[16])4基[17]
主機艦本式タービン(高中低圧[16])2基[17]
推進2軸 x 300rpm、直径4.000m[17]
出力52,000hp[11]
速力計画 26.5 ノット[11]
最終時 26.2ノット[6]
燃料重油 2,400トン[11]
最終時 2,906トン[18]
航続距離計画 8,000カイリ / 18ノット[11]
最終時 11,340カイリ / 10.5ノット[6]
乗員(仮)計画乗員 785名[19]
989名[要出典]
搭載能力九一式魚雷 12本[20]
爆弾 800kg24個、250kg24個、60kg192個[21]
飛行機用軽質油 230トン[13]
兵装改装時[22]
40口径12.7cm連装高角砲4基
25mm3連装機銃10基
(爆雷)手動投下台1組[20]
九一式爆雷6個[20]
1945年[12]
40口径12.7cm連装高角砲4基
25mm3連装機銃10基
25mm連装機銃4基
25mm単装機銃23挺
13mm単装機銃6挺
移動式単装機銃 25mm1挺、13mm12挺
爆雷6個
12cm28連装噴進砲6基
搭載艇計画 12m内火艇2隻、12m内火ランチ1隻、8m内火ランチ1隻、9mカッター2隻、6m内火通船1隻、13m特型運貨船1隻[15]
最終時 12m内火艇2隻、14m運貨艇1隻、9mカッター1隻[23]
搭載機計画(常用+補用)[21]
零式艦上戦闘機18+6機
九七式艦上攻撃機6+1機
計24+7機
(内訳詳細は艦載機の項に記述)
レーダー1945年
二号一型 1基
一号三型 1基
電波探知機(逆探)2基[24]
ソナー最終時 水中聴音機2台、探信儀1台[23]
その他スペリー式転輪安定儀1基(計画のみ)[15]
テンプレートを表示
新造時の潜水母艦大鯨(後の空母龍鳳)。1935年春頃、呉[25]

龍鳳(りゅうほう/りうほう[10])は、日本海軍航空母艦瑞鳳型航空母艦の一つ[26]潜水母艦大鯨(たいげい)として竣工し[27]、後に航空母艦「龍鳳」へ改装された[10]

特徴

艦載機

  • 竣工時(定数)
艦載機31機(零式艦上戦闘機18機+九七式艦上攻撃機6機+予備7機)
  • マリアナ沖海戦時
艦上戦闘機零戦」18機+艦上攻撃機天山」7機+予備6機)
  • マリアナ沖海戦後(定数)
艦載機32機(「零戦」21機+「天山」9機+予備2機)
海戦の損失で定数がそろわずほとんど搭載していなかった。

瑞鳳との相違

龍鳳は瑞鳳型航空母艦であるが、同型艦とされる瑞鳳とは違いがある。相違点は以下の通り。

  • 船体が瑞鳳型と比べると若干大きく、排水量も2,000tほど多い。
  • 最大速力が瑞鳳型が28ノットなのに対し、龍鳳の速力は26.5ノットと低速になっている。
  • 龍鳳は飛行甲板が強度甲板で伸縮継ぎ手がない。一方瑞鳳型は上部格納庫甲板が強度甲板で、飛行甲板に伸縮継ぎ手が設けられている。
  • 龍鳳の飛行甲板の長さが瑞鳳型より5m長い。
  • 後部エレベーターの位置が瑞鳳型よりも後方にあり、遮風柵は前方にある。
  • 着艦標識の形状が異なる。
  • その他、前部飛行甲板支柱の位置などに違いがある。

大鯨の諸元

1938年(昭和13年)時における「大鯨」の要目(特記の無い場合は計画要目)。

  • 公試排水量:14,400トン[28]
  • 全長:215.65m[28]
  • 水線長:211.00m[28]
  • 水線幅:19.58m[28]
  • 最大幅:20.0m(最上甲板)[28]
  • 深さ:19.50m(第1最上甲板まで)[28]
  • 吃水:6.53m[28]
  • 推進:2軸[28] x 250rpm、直径3.500m[29]
  • 補助缶:ロ号艦本式缶2基[30]
  • 主機:11号10型内火機械4基[30]
  • 出力:計画 25,600馬力[28]、実際 13,000馬力[30]
  • 速力:計画 22.2ノット[28]、実際 18.5ノット[30]
  • 航続力:計画 10,000カイリ / 18ノット[28] または12,200カイリ/ 18ノット[31]
  • 燃料:重油 1,897トン[28] または補給用を含めて3,570トン[30][32]
  • 補給物件:重油 1,070トン(うち730トンはバラスト用[28])、真水186トン、魚雷72本、同実用頭部120個[31]
  • 乗員:竣工時定員 430名[33]、1937年6月1日付定員 442名[34]。その他に潜水戦隊定員 准士官以上78名、下士官兵308名[31]
  • 兵装:40口径八九式12.7cm連装高角砲 2基、毘式40mm連装機銃 2基、保式13mm4連装機銃 2基[28]、11式機銃6挺[32]
  • 航空機:九四式水上偵察機3機、呉式2号5型射出機1基[30]
  • 搭載艇:12m内火艇3隻、12m内火ランチ2隻、9mカッター2隻、8m内火通船1隻、6m通船1隻[31]

この時点での航空母艦改造計画は、ディーゼルエンジンを8基搭載し公試排水量15,200トン、出力は56,000馬力、速力27ノットになった[28]。兵装は12.7cm連装高角砲4基を搭載[35]、機銃は25mm機銃18挺の要求だったが重量の問題で連装機銃6基12挺とした[36]。搭載機は九六式艦上爆撃機18機、同補用6機、九六式艦上攻撃機(偵察用)4機、同補用1機を予定[35]、原計画より速力が低下したために飛行甲板の長さを20m延長する計画だった[36]。大鯨とは巨大なという意味[37]

他の言語で
čeština: Rjúhó
Deutsch: Ryūhō
español: Ryūhō (1942)
suomi: Ryūhō
français: Ryūhō
Bahasa Indonesia: Kapal induk Jepang Ryūhō
polski: Ryūhō
українська: Рюхо