黄金色藻

黄金色藻
Dinobryon sp.jpg
サヤツナギの一種(Dinobryon sp.)
分類
ドメ
イン
:真核生物 Eukaryota
階級なし:ディアフォレティケス Diaphoretickes
階級なし:SARスーパーグループ Sar
階級なし:ストラメノパイル Stramenopiles
:不等毛植物門 Heterokontophyta
:黄金色藻綱 Chrysophyceae
Pascher, 1914
英名
Golden algae
下位分類
本文参照

黄金色藻(おうごんしょくそう、英:golden algae、chrysophytes)は、不等毛植物門に属する単細胞藻類の一群である。分類上は黄金色藻綱(Chrysophyceae)として扱われる。大部分が淡水に分布して光合成を行う独立栄養生物であり、光合成色素の組成により黄色に見えることからこの名が付いた。その反面、一部には葉緑体を失って従属栄養生活を送る無色の生物も含まれる。およそ1201200が含まれる。

他の言語で
Afrikaans: Goudwier
العربية: طحالب ذهبية
azərbaycanca: Qızılı yosunlar
català: Alga daurada
čeština: Zlativky
dansk: Gulalger
Ελληνικά: Χρυσοφύκη
English: Golden algae
español: Chrysophyceae
français: Chrysophyceae
hrvatski: Zlatne alge
interlingua: Chrysophyceae
Bahasa Indonesia: Alga keemasan
italiano: Chrysophyceae
Basa Jawa: Ganggang
한국어: 황조류
lietuvių: Auksadumbliai
português: Chrysophyceae
српски / srpski: Златне алге
svenska: Guldalger
Tiếng Việt: Chrysophyceae
中文: 金藻