黄金のスペクトル

黄金のスペクトル
ジューダス・プリーストスタジオ・アルバム
リリース
録音1980年
ジャンルヘヴィメタル
時間
レーベルCBSイギリスの旗
コロムビア・レコードアメリカ合衆国の旗
プロデューストム・アロム
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 14位(イギリス[1]
  • 39位(アメリカ[2]
ジューダス・プリースト 年表
ブリティッシュ・スティール
(1980年)
黄金のスペクトル
(1981年)
復讐の叫び
(1982年)
テンプレートを表示

黄金のスペクトル』(原題:Point of Entry)は、ジューダス・プリースト1981年に発表したアルバム。スタジオ・アルバムとしては7作目。

解説

アメリカでの成功を目指して作られたアルバムで、「嵐のハイウェイ」「ドント・ゴー」「ホット・ロッキン」の3曲はミュージック・ビデオも作られた。イギリス盤とアメリカ盤はジャケットが異なり、日本盤はアメリカ盤に準じている。

本国イギリスでは、前作『ブリティッシュ・スティール』ほどの成功は収められず、音楽新聞『レコード・ミラー』の1981年3月7日号では「完全なる失敗の一歩手前」と評されたという[3]。シングルは「ドント・ゴー」が全英51位、「ホット・ロッキン」が60位に達した[1]。一方、アメリカでは2作連続でBillboard 200におけるトップ40入りを果たし、シングル「嵐のハイウェイ」は『ビルボード』誌のトップ・トラックス(後のメインストリーム・ロック・チャート)で10位に達して、ジューダス・プリーストのシングルが初めて『ビルボード』誌のチャートに登場することとなった[2]

他の言語で
български: Point of Entry
čeština: Point of Entry
Ελληνικά: Point of Entry
emiliàn e rumagnòl: Point of Entry
español: Point of Entry
فارسی: نقطه آغاز
italiano: Point of Entry
Nederlands: Point of Entry
norsk nynorsk: Point of Entry
português: Point of Entry
русский: Point of Entry
српски / srpski: Point of Entry
українська: Point of Entry