黄緑藻綱

黄緑藻綱
Alger, Botydium granulatum, Nordisk familjebok.png
Botydium granulatum
分類
ドメ
イン
:真核生物 Eukaryota
階級なし:SAR Sar
階級なし:ストラメノパイル Stramenopiles
:黄緑藻綱 Xanthophyceae
Allorge ex Fritsch
  • フウセンモ目(Botrydiales)
  • ミスココックス目(Mischococcales)
  • トリボネマ目(Tribonematales)
  • フシナシミドロ目(Vaucheriales)

黄緑藻綱(Yellow-green algae)は、ストラメノパイルの重要な分類群である。ほとんどは淡水に生息するが、海や土壌で見つかるものもある。単細胞の鞭毛虫から単純なコロニー状、糸状のものまでが含まれる。黄緑藻綱の葉緑体は、光合成色素のクロロフィルa、クロロフィルc、β-カロテンカロテノイドジアジノキサンチン等を含む[1]。他のストラメノパイルとは異なり、葉緑体にフコキサンチンを含まず、そのためより明るい色になっている。貯蔵多糖は、クリソラミナリンである[1]。黄緑藻綱の細胞壁セルロースヘミセルロースでできている[1]。見た目は褐藻に最も近い。

分類

分類体系にもよるが、黄緑藻綱は以下の4つの目に分類される。

  • フウセンモ目(Botrydiales)
  • ミスココックス目(Mischococcales)
  • トリボネマ目(Tribonematales)
  • フシナシミドロ目(Vaucheriales)[2]フシナシミドロ

近年の超微形態的観測や分子系統学的研究により、ミスココックス目は側系統群、トリボネマ目とフウセンモ目は多系統であり、分類内の関係が仕分けされるまで、たかだか2つの目だけを用いることが提案された[3]

黄緑藻綱は、スミス分類体系で黄金色藻綱の前に置かれる。

他の言語で