麻薬及び向精神薬取締法

麻薬及び向精神薬取締法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称麻向法、麻薬取締法
法令番号昭和28年法律第14号
効力現行法
種類特別刑法
主な内容麻薬及び向精神薬の取扱規制など
関連法令覚せい剤取締法大麻取締法あへん法医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律
条文リンクe-Gov法令検索
テンプレートを表示

麻薬及び向精神薬取締法(まやくおよびこうせいしんやくとりしまりほう、昭和28年法律第14号、英語: Narcotics and Psychotropics Control Law[1])は、麻薬向精神薬の乱用を防止し、中毒者に必要な医療を行うなどの措置を講じ、生産や流通について必要な規制を執り行うことによって、公共の福祉の増進を図ることを目的としている(同法1条)。制定時の題名は「麻薬取締法」であったが、1990年(平成2年)の法改正で現在の題名となり、今では通称として使われる。主務官庁は厚生労働省

大麻取締法覚せい剤取締法あへん法と合わせて薬物四法を構成する。麻薬特例法は比較的新しい法律であるため、薬物四法の中には組み入れられていない。