麻薬に関する単一条約

千九百六十一年の麻薬に関する単一条約
通称・略称麻薬単一条約
署名1961年3月30日(ニューヨーク
寄託者国際連合事務総長
条約番号昭和39年条約第22号
言語中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語
関連条約向精神薬に関する条約麻薬及び向精神薬の不正取引の防止に関する国際連合条約
条文リンク条約本文 - 国立公文書館デジタルアーカイブ
テンプレートを表示
千九百六十一年の麻薬に関する単一条約を改正する議定書
通称・略称麻薬単一条約改正議定書
署名1972年3月25日(ジュネーヴ
効力発生1975年8月8日
寄託者国際連合
条約番号昭和50年条約第22号
言語中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語
条文リンク1 (2 (3 (PDF) - 外務省
テンプレートを表示

麻薬に関する単一条約(まやくにかんするたんいつじょうやく、Single Convention on Narcotic Drugs)は、主に麻薬乱用を防止するため、医療や研究などの特定の目的について許可された場合を除き、これらの生産および供給を禁止するための国際条約である。1961年に採択され、日本は1964年に加盟した。略称は、麻薬単一条約第二次世界大戦後、解体した国際連盟による万国阿片条約を、国際連合および世界保健機関が引き継いだことによって締結された条約である[1]。規制失敗の声が挙がっている[2]

後続の条約である、麻薬及び向精神薬の不正取引の防止に関する国際連合条約の第1条n項にある通り、この条約において規定されるものが条約上の麻薬である。

他の言語で