飛行第59戦隊

飛行第59戦隊
創設1938年(昭和13年)7月1日
廃止1945年(昭和20年)
所属政体日本の旗 日本
所属組織大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
部隊編制単位戦隊
編成地各務原
通称号/略称西部大51、天風第35002、師第2327部隊
最終上級単位第12飛行師団 (日本軍)
最終位置芦屋
主な戦歴ノモンハン事件-第二次世界大戦
テンプレートを表示

飛行第59戦隊(ひこうだいごじゅうきゅうせんたい)とは、太平洋戦争大東亜戦争)で活躍した大日本帝国陸軍飛行戦隊一式戦闘機「隼」を最初に装備した部隊として、また太平洋戦争開戦当初飛行第64戦隊とともに華々しい戦果をあげたことで良く知られる部隊である。

他の言語で