頬を側面から見たところ
頬ずりしたり、頬にキスをする人々

(ほお、ラテン語:buccae、英語:cheek チーク)とは、

  • の側面あたり、の下で の脇にある、柔らかな部分のこと[1]ほほほっぺほっぺたとも[1]
  • 咀嚼(もしくは、それに近い行為)を行う動物(ヒトを含む)の顔の構成部位の一つ。眼窩・口・耳の間に位置し、口器を膜状に包み込んでいる肉(外側は皮膚、内側は筋肉・粘膜など)のことである。[要出典]

概説

頬とは、目の下、鼻の脇にある、柔らかな部分のことである[1]

頬の皮下には唾液腺のひとつ耳下腺があり、唾液が作られている。食物を食べたり、食べるところを想像すると唾液腺から唾液が放出されるが、頬を円をえがくようにマッサージしても口中に唾液が出る。

顔の様々な部位に毛細血管があるが、特に頬(や鼻)あたりの毛細血管は目立つ場所にある。感情が高ぶると、血行が良くなり頬あたりが極端に赤くなる(「紅潮」する、「頬を赤らめる」)人もいる。(極端な場合で、本人がそれを苦にしている場合は「赤面症」と言う)

世界的に見て、寒い地域に住んでいる子供の頬は、寒風の影響を受けて(しもやけ状になり)真っ赤な色をしている場合が多い。

一般論として言えば、年齢が若い段階では頬の赤さが目立つが、年齢とともに次第に(血行が悪くなり)赤みが失われてゆく。 女性が化粧をする場合(あたかも、相手に好感を抱いたりするなどしてやや感情が高ぶっているかのように、あるいは、(若くなくても)あたかもまだ若いかのように装い)頬にやや赤みがかった色をさす(足す)ことが一般的である。これを cheek color 頬紅と言う。

一般に、頬への接触を許すということは、「相手との心理的な距離が近いと思っている」という意味がある。(頬の場所は、心理学概念の「パーソナルスペース」の中では、「密接距離」に当たる。)
西欧では、親愛を示す挨拶方法のひとつに、(対面して)頬と頬を合わせてキスをする(キスをしたかのような音を唇で出す)、という方法が広く行われている。 また、親しい者同士が親愛の情を示す時、(同じ方向を見るなどして)頬と頬を接触させるという方法がある。(「ほおずり」)。また同様に、家族間、恋人間などでは相手の目を見つめつつ相手の頬を手で優しくなでる、ということが行われることもある。

子供の 不満の表現方法のひとつとして(あるいは親しい人同士で、気を許しあって(甘えて)、子供のように不満を表明する方法として)、口を閉じて頬を膨らませる方法がある(「膨れ面」「ふくれっつら」)

呼称

日本語

方言として、「ほっぺた」系統は東日本、「ほーべた(ら)」系統は西日本に多く見られる用例であった。「ほっぺた」のほうが新しく、江戸時代において江戸を中心に用いられ始めたと推定されている。また、稀な用例としては「びんた」がある。[2]

古語で「頬」にあたるのは「つら」であり[2]、「つらの皮が厚い」「つら汚し」「横っつら」「つらを貸せ」などのかたちで現代にも引き継がれている。

英語
他の言語で
aragonés: Caixo
العربية: وجنة
Atikamekw: Onowiw
български: Буза
Bahasa Banjar: Pipi
བོད་ཡིག: མཁུར་ཆོས།
brezhoneg: Jod
bosanski: Obraz
català: Galta
کوردی: ڕوومەت
čeština: Tvář
Deutsch: Wange
Zazaki: Alışke
ދިވެހިބަސް: ކޯ
English: Cheek
Esperanto: Vango
español: Mejilla
euskara: Masail
suomi: Poski
français: Joue
Frysk: Wang
Gaeilge: Leiceann
galego: Fazula
Avañe'ẽ: Tatypy
עברית: לחי (איבר)
hrvatski: Obraz
Kreyòl ayisyen: Jou (Figi)
Հայերեն: Այտ
interlingua: Gena
Bahasa Indonesia: Pipi
Iñupiak: Iqsraq
Ido: Vango
italiano: Guancia
Basa Jawa: Pipi
ქართული: ლოყა
қазақша: Ұрт
한국어:
Ripoarisch: Backe
kurdî:
Latina: Gena
лакку: ЧӀав
lingála: Litáma
lietuvių: Skruostas
latviešu: Vaigi
മലയാളം: കവിൾ
मराठी: गाल
Bahasa Melayu: Pipi
नेपाल भाषा: न्येताः
Nederlands: Wang (anatomie)
occitan: Gauta
ਪੰਜਾਬੀ: ਗੱਲ੍ਹ
Pangasinan: Aping
Kapampangan: Pisngi
polski: Policzek
português: Bochecha
Runa Simi: K'aklla
română: Obraz
русский: Щека
संस्कृतम्: कपोलः
sicilianu: Mascidda
Scots: Cheek
سنڌي: ڳٽو
srpskohrvatski / српскохрватски: Obraz
Simple English: Cheek
Soomaaliga: Dhaban
српски / srpski: Образ
svenska: Kind
Kiswahili: Shavu
తెలుగు: బుగ్గ
ไทย: แก้ม
Tagalog: Pisngi
Türkçe: Yanak
ئۇيغۇرچە / Uyghurche: يۈز
українська: Щока
اردو: گال
vepsän kel’: Modpolišk
Tiếng Việt: Má (mặt)
Winaray: Pisngi
მარგალური: ღვანწკი
ייִדיש: באק
中文: 臉頰
Bân-lâm-gú: Chhùi-phoé
粵語: 面珠