革命裁判所 (フランス革命)

マリー・アントワネットの裁判

革命裁判所(かくめいさいばんしょ、: Tribunal révolutionnaire)は、フランス革命において1793年3月10日パリに設置された特別犯罪裁判所である。反革命の陰謀を暴くために整備された政治犯だけを裁く法廷。

ジロンド派の追放などで活躍し、公安委員会や保安委員会に匹敵する組織で、恐怖政治の一大機関として猛威を振るった。テルミドールのクーデター収監者の釈放は行われたが、革命裁判所は停止されず、1794年8月10日に改組されると白色テロのための粛清にも活用されて、1795年5月31日に廃止されて消滅した。