陸軍航空審査部

大日本帝国陸軍
War flag of the Imperial Japanese Army.svg
中央官衙
陸軍省
参謀本部
教育総監部
航空総監部
主要兵力
総軍
方面軍一覧
軍一覧
師団一覧
連隊等一覧
飛行戦隊一覧
歴史・伝統
日本陸軍の歴史
日本陸軍の軍服
その他
階級一覧
兵科・兵種・各部一覧
兵器一覧
通称号
 表示 

陸軍航空審査部(りくぐんこうくうしんさぶ)は、軍用機を筆頭とする各種航空兵器の審査を行った大日本帝国陸軍の組織(官衙)。本項では陸軍航空審査部の前身である飛行実験部(ひこうじっけんぶ)についても詳述する。

概要

審査の対象は、航空機、航空兵器(エンジンターボチャージャー航空機関銃砲照準器無線機・防弾装備などの装備品)、兵器材料、燃料油脂、特殊施設、機上レーダー航空衣袴航空糧食、衛生材料などであった。飛行試験は陸軍航空技術研究所の研究に関するもの以外に、基本審査・実用審査を行い、新制式機の伝習教育も担当した。

また、同盟国ドイツからの輸入機(Bf 109EFw 190A-5Fi 156など)や機材(DB 601BMW 801など)、さらに連合国軍鹵獲機(P-40B/Eバッファロー I/B339Dハリケーン IIBボーイングB-17、ノースアメリカンP-51C マスタングやカーチス・ライトCW22など)の調査も主要任務として一手に引き受けており、飛行試験は審査部時代は隷下の飛行実験部(陸軍航空審査部飛行実験部)、飛行実験部時代は実験隊(飛行実験部実験隊時代)が担当していた。

他の言語で