陸軍

現代の ドイツ陸軍兵士

陸軍(りくぐん、 : army, ground force)は、主に陸上において軍事作戦を遂行する 軍隊の一種である。

概説

陸軍は 海軍空軍に対して陸地における作戦、戦闘の実施を担っている。

陸地の一般的な重要性は陸地に存在するさまざまな要素から説明することができる。 平野山岳河川などの 地形だけでなく、 食糧燃料材料などの 資源があり、しかも 戦闘力労働力の要素となる 人口が存在している。海軍や空軍の根拠地である 港湾飛行場、そして 国家の中枢も 首都という形態を備えながら陸地に依存している。

ドイツの政治学者 カール・シュミットが「人間は陸の生物であり、陸を踏み歩む動物である。人間は直立し、歩き、そして大地の上で活動する。これが人間の拠って立つところであり、その基盤である」と強調している通り [1]、陸地こそが人間の根本的な生活空間に他ならない。陸地の戦略的な意義はイギリスの戦略家ジュリアン・コーベットによっても指摘されている。彼は人間は海洋ではなく陸上に居住しているために、国際紛争を決定づけることは陸軍が敵の領土と国民生活に対する軍事的能力、または海軍が陸軍としての可能な軍事的能力によるものと考えている [2]

海軍や空軍にとって根拠地である基地 (base) を失うことは決定的である、とされるが、陸軍にとっては根拠地とは駐屯地 (camp) に過ぎず、それを失うことが即座に敗北を意味しない。「陸軍が陸地の支配を維持する限りは敵は戦争の軍事的勝利を決定付けられないのであり、このことが陸軍という陸上作戦を専門とする軍隊の存在意義を確かなものとしている」という。

陸軍は原初的な軍隊の形態であり、軍事思想の歴史において陸軍はさまざまな戦略的責任を担ってきた。陸軍の軍事思想の在り方に影響を与えた戦略家にはプロイセンの軍人 カール・フォン・クラウゼヴィッツとフランスの軍人 アントワーヌ・アンリ・ジョミニがいる。両者は陸軍だけでなく海軍や空軍の戦略思想にも影響を与えた戦略家であるが、ここでは陸軍の戦略思想の観点から述べる。クラウゼヴィッツは『 戦争論』において自らの 戦争哲学として 絶対戦争の理論を展開する。そして戦争には我と敵との相互作用によって戦争の暴力性が無制限に増大する法則が戦争の本性であることを明らかにした。したがって「陸軍の果たすべき任務とはその相互作用を破壊するために敵の戦闘力を破壊することに他ならない[ 要出典]」という。「これを陸地の特性と総合して考えれば、陸軍の戦略的任務は本質的に敵部隊を殲滅することであり、副次的に敵の 都市の攻略または 地域占領することが任務と考えられる[ 要出典]」ともされる。

ジョミニは陸軍の任務について『 大陸軍作戦概論』と『 戦争概論』で異なる観点から論じている。ジョミニはこの著作で陸軍の作戦行動を体系化しており、基本的な原則を 後方連絡線と決勝点の概念で説明している。ジョミニは陸軍が根拠地と結ばれた後方連絡線により行動することが可能であることを重要視し、我の後方連絡線を維持しながら敵のそれに接近することを主張している。また陸地に固有である地形の状況を分析することから得られる軍事的に重要な地点は「決勝点」と呼ばれ、敵の政経中枢である首都や後方連絡線が収束する隘路などが例として挙げられる。これらの議論から「陸軍にとって敵の地上部隊を壊滅させることが第一の任務であり、それを実現するためには陸軍は陸地の地形に応じて我の後方連絡線と戦場の決勝点を確保することが必要であることが分かる[ 要出典]」という。

陸軍の構成にはさまざまな軍事的要素が含まれている。歴史的には陸軍は 歩兵部隊から出発し、 ローマ軍制でさらに 騎兵砲兵工兵という基本的な陸軍の 兵科が成立した。[ 要出典]近代的な陸軍は グスタフ・アドルフによって 三兵戦術が導入されたことに始まり、陸上作戦で歩兵、騎兵、砲兵の組織的な連携が実施されるようになる。結果として歩兵、騎兵、砲兵が適当な配分で組織された部隊編制である 師団制度が開発され、現代の陸軍に至るまで師団制度が使用され続けている。師団は情報、機動、火力、防護そして兵站の戦闘機能を備えており、独立的に作戦行動を行うことが可能なように組織されている。しかし 火砲の技術革新や 第一次世界大戦での 戦車航空機の発明、歩兵の機械化などによって 電撃戦が行われるようになると、機甲師団が陸軍の中核的な戦力として認識されるようになる。機甲師団は歩兵師団の戦車部隊の比率と歩兵部隊の比率が逆であり、機動力に優れた戦車部隊が主力となって敵を打撃することが可能となった。また 第二次世界大戦で航空機の性能が改善されると空挺師団や空中機動師団が編制されるようになり、 飛行機ヘリコプターが陸軍の装備として採用された。また冷戦期にかけて少数部隊で遊撃を繰り返す ゲリラ戦という戦闘の形態が登場すると、これに対応するために偵察、空中機動、潜入、破壊工作などを専門とする 特殊部隊を編制することが推進された。 冷戦後の地域紛争や 対テロ戦争で陸軍が直面する問題は複雑化しており、陸軍の情報化やグローバルな展開能力、陸海空軍の 統合作戦などが課題となっており、編制、装備、運用、訓練において見直しが進められている。

他の言語で
Afrikaans: Leër
aragonés: Exercito
العربية: جيش
مصرى: جيش
asturianu: Exércitu
azərbaycanca: Quru qoşunları
Boarisch: Heer
беларуская: Армія
беларуская (тарашкевіца)‎: Армія
brezhoneg: Tirlu
bosanski: Kopnena vojska
català: Exèrcit
нохчийн: Эскар
Chamoru: Militåt
کوردی: سپا
čeština: Armáda
Чӑвашла: Çар
Cymraeg: Byddin
dansk: Hær
Deutsch: Heer
Zazaki: Ordi
Ελληνικά: Στρατός
English: Army
Esperanto: Armeo
español: Ejército
eesti: Armee
euskara: Armada
suomi: Maavoimat
français: Armée de terre
Frysk: Lânmacht
Gàidhlig: Arm
galego: Exército
עברית: צבא יבשה
हिन्दी: थलसेना
hrvatski: Kopnena vojska
Kreyòl ayisyen: Lame
Bahasa Indonesia: Angkatan darat
Ido: Armeo
íslenska: Landher
italiano: Esercito
Basa Jawa: Angkatan Dharat
қазақша: Армия
ಕನ್ನಡ: ಸೈನ್ಯ
한국어: 육군
Kurdî: Artêş
Latina: Exercitus
Malagasy: Tafika
മലയാളം: പട്ടാളം
Bahasa Melayu: Tentera darat
Mirandés: Eisército
эрзянь: Ушмо
नेपाल भाषा: सेना
norsk nynorsk: Hær
norsk: Hær
Deitsch: Armee
português: Exército
Runa Simi: Awqaq suyu
саха тыла: Аармыйа
sicilianu: Asèrcitu
Scots: Airmie
srpskohrvatski / српскохрватски: Kopnena vojska
Simple English: Army
slovenčina: Pozemné vojsko
slovenščina: Vojska
chiShona: Mawuto ehondo
shqip: Ushtria
српски / srpski: Армија
svenska: Armé
Kiswahili: Jeshi la ardhi
தமிழ்: தரைப்படை
тоҷикӣ: Армия
Tagalog: Hukbong-kati
Türkçe: Ordu (askeriye)
татарча/tatarça: Армия
українська: Сухопутні війська
Tiếng Việt: Lục quân
吴语: 陆军
მარგალური: ოსქირონე ჯარეფი
中文: 陆军
Bân-lâm-gú: Lio̍k-kun
粵語: 陸軍