門 (分類学)

(もん、: phylum, division: phylum, divisio)は、生物分類リンネ式階層分類における基本的分類階級のひとつであり、またその階級に属するタクソンのことである。生物全体はおよそ100の門に分類されているが、この数字は分類学者によって大きく異なる。の下・の上に位置しており、門の下に亜門(あもん、: subphylum, subdivision)を置く場合もある。

位置

門はリンネが『自然の体系』で用いた分類階級ではなく、19世紀以降に綱をさらにグループ化する階級として導入された。必要に応じて(界)・亜界・下界・上枝・枝・亜枝・下枝・上門・(門・亜門)・下門・上綱・(綱)などを適宜使う。

後生動物では慣例的に、基本的な体制が共通しているタクソンが門とされ、約30の門に分類されている。たとえば、ヒト脊索動物門に属する。後生動物の門の完全なリストは動物#動物の分類を参照。

呼称

従来、英語などでは門を、動物学ではphylumと呼び、植物学では国際植物命名規約(現在の国際藻類・菌類・植物命名規約)に基づきdivisionと呼んだ。東京規約(国際植物命名規約の1994年の版)から、植物学でもphylumと呼ぶことが認められたが、現在でもdivisionと呼ぶことが多い。

phylumの語源はギリシア語のphylaiで、原義は古代ギリシアの都市国家において血縁に基づき決められた投票グループのことである。ヘッケルGenerelle Morphologie der Organismen (1866) で導入した語であるが、概念としてはキュヴィエが用いたembranchement(「分岐」)と同義である。divisionの原義は「分ける」である。

命名法

門・亜門に対する命名法は一般にあまり強く規制されていない。国際藻類・菌類・植物命名規約国際動物命名規約国際細菌命名規約のいずれでも、優先権を必ずしも守る必要がなく、タイプの名前を元にして作る必要もない。国際藻類・菌類・植物命名規約では、タイプの名前を元にして命名する場合には科名の語尾を統一語尾に変えることが規定されているが、説明的な名前の場合にはその必要はない。なお、植物学では上門・下門はほとんど使われない。国際動物命名規約や国際細菌命名規約にはそもそも門以上の階級に対する規定はないため統一語尾は存在しないが、慣例的にほとんどは‐aで終わり、とくに動物は‐zoa、細菌は‐bacteria、古細菌は‐archaeotaが多い。ウイルスには現在のところ門・亜門などの階級は存在しない。

門名の語尾
階級陸上植物藻類菌類細菌動物
-phyta-phycota-mycota

亜門-phytina-phycotina-mycotina

一覧

真核生物ドメイン

真核生物ドメイン(Domain Eukarya)の門(phylum)一覧。

動物界

動物界(Kingdom Animalia)の門(phylum)一覧。

上位分類
(亜界・上門)
胚発生特徴代表例種類
海綿動物門(Porifera, Sponge)無胚葉器官が
明確には
分化せず
内壁に多くの穴(孔)を持つカイメンカイロウドウケツ5000以上
平板動物門(Placozoa)平板センモウヒラムシ1
真正
後生
動物
放射
相称
刺胞動物門(Cnidaria, Coelenterate)2胚葉消化管
出入口が
同じ
刺胞(cnidocyte)を持つクラゲサンゴ約11000
有櫛動物門(Ctenophora, Comb bearer, Comb jellies)8列の櫛板(櫛板列)を持つクシクラゲ約100
左右
相称
動物
旧口
動物
冠輪
動物
扁形動物門(Platyhelminthes, Flat worms)3胚葉扁形プラナリアキュウチュウサナダムシ約25000
無腸動物門(Acoelomorpha, Acoels)器官退化?無腸
菱形動物門(Rhombozoa)1つの軸細胞が繊毛細胞に囲まれているニハイチュウ75
直泳動物門(Orthonectida)生殖細胞などを繊毛が囲んでいるキリオキンクタ約20
紐形動物門(Nemertea, Ribbon worm)消化管
出口と
入口を
持つ
紐状ヒモムシ約1200
顎口動物門 (Gnathostomulida, Jaw worm)クチクラ性の固い顎ハプログナチア約100
腹毛動物門(Gastrotricha, Meiofauna)腹部の2本の粘着腺イタチムシ、オビムシ約700
輪形動物門(Rotifera, Rotifer)ゴブレット(杯)型の胴体、触手冠ワムシ約2000
内肛動物門(Entoprocta, Goblet worm)触手冠の内側にある肛門スズコケムシ約150
外肛動物門(Bryozoa, Moss animal, sea mat)触手冠(総担)、群体チゴケムシコケムシ約5000
箒虫動物門(Phoronida, Horseshoe worm)口の周囲の触手冠、U字型の消化管ホウキムシ11
腕足動物門(Brachiopoda, Lamp shell)肉茎と触手冠ホオズキガイ、シャミセンガイ約300
星口動物門(Sipuncula, Peanut worm)陥入吻ホシムシ約250
ユムシ動物門(Echiura, Spoon worm)スプーン状の口吻ユムシ約140
毛顎動物門(Chaetognatha, Arrow worm)クチクラ質で細長いヤムシ約100
有輪動物門(Cycliophora, Symbion)袋状の胴体と、繊毛で覆われた円形の口(繊毛冠)シンビオン3以上
微顎動物門 (Micrognathozoa)アコーディオン状の胴体リムノグナシア1
環形動物門(Annelida, Segmented worm)環状の体節ミミズゴカイ17000以上
軟体動物門(Mollusca)筋肉質の軟体と外套膜貝類イカタコ約112000
脱皮
動物
線形動物門(Nematoda, Round worm)線形回虫80000以上
類線形動物門(Nematomorpha, Horsehair worm)線形動物に似た生態ハリガネムシ約320
鰓曳動物門(Priapulida, Penis worm)円筒状エラヒキムシ16
胴甲動物門(Loricifera, Brush head)胴部の殻、傘のような付属肢コウラムシ約120
動吻動物門(Kinorhyncha, Mud dragon)計11の体節トゲカワ約150
緩歩動物門(Tardigrada, Water bear)頭部1つと胴体4つの体節クマムシ1000以上
有爪動物門(Onychophora, Velvet worm)キチンクチクラ)質の爪カギムシ約200
節足動物門(Arthropoda, Arthropod)キチンクチクラ)質の外骨格による体節昆虫類甲殻類1134000以上
新口動物珍渦虫動物門 (Xenoturbellida)繊毛に覆われた後口動物チンウズムシ2
棘皮動物門(Echinodermata, Echinoderm)棘皮を持つウニヒトデクモヒトデナマコ約7000
半索動物門(Hemichordata, Acorn worm, Pterobranchia)口盲管(半索)を持つギボシムシ約100
脊索動物門(Chordata, Chordate)脊索脊椎を持つホヤ脊椎動物100000以上

植物界

植物界(Kingdom Plantae)の門(division)一覧。

上位分類
(亜界)
門(従来版)
アーケ
プラスチダ

Archae-
plastida
紅色植物門 Rhodophyta真正紅藻綱 Florideophyceaeなど
イデユコゴメ綱 Cyanidiophyceae
灰色植物門 Glaucophyta
緑色
植物
亜界

Viridi-
plantae
緑藻植物門
Chlorophyta
緑藻綱 Chlorophyceae
トレボウクシア藻綱 Trebouxiophyceae
アオサ藻綱 Ulvophyceae
プラシノ藻綱 (ペディノ藻、クロロデンドロン藻、ミクロモナス藻)
ストレプト植物
Streptophyta
車軸藻綱 Charophyceae接合藻綱Zygnematophyceae、等
陸上植物
(有胚植物)
Embryophyta
ゼニゴケ植物門苔類Marchantiophyta
マゴケ植物門蘚類Bryophyta
ツノゴケ植物門Anthocerotophyta
維管束
植物

Tracheo-
phyta
ヒカゲノカズラ植物門 Lycopodiophyta
真葉植物
Euphyllo-
phyta
シダ植物門 Pteridophyta
種子植物
Spermato-
phyta
裸子植物門 Gymnospermae
被子植物門 Angiospermae

菌界

菌界(Kingdom Fungi)の門(phylum)一覧。


原生生物界

原生生物界(Kingdom Protista)の門(phylum)一覧。


古細菌(アーキア)ドメイン

古細菌(アーキア)ドメイン(Domain Archaea)の門(phylum)一覧。

上位分類
(界・上門)
細胞機構等特徴代表例種類
ユーリ古細菌界
Euryarchaeota
ユーリ古細菌門
Euryarchaeota
Zリングによる細胞分裂DNAPolD,BI8綱を含み多様Pyrococcus furiosusHalobacterium salinarumMethanobrevibacter smithii約400
プロテオ古細菌界
Proteoarchaeota
クレン古細菌門
Crenarchaeota
ESCRT複合体による細胞分裂DNAPolBI,BII、RNApolG大半が好熱菌Sulfolobus acidocaldariusPyrobaculum islandicum62~70
タウム古細菌門
Thaumarchaeota
ESCRT複合体による細胞分裂DNAPolBII,D、TopIB中温性が多い。大半は亜硝酸菌で残りも好気性菌が占める。Nitrososphaera viennensis4

他に記載種を含まないものとして10門以上

細菌(バクテリア)ドメイン

細菌(バクテリア)ドメイン(Domain Bacteria)の門(phylum)一覧。

上位分類
グラム染色特徴代表例種類
真正細菌
Bacteria
FCBフィブロバクター門
Fibrobacteres
外膜ありグラム陰性2
クロロビウム門
Chlorobi
緑色硫黄細菌17
バクテロイデス門
Bacteroides
約500
ゲンマティモナス門
Gemmatimonadetes
1
PVCプランクトミケス門
Planctomycetes
核膜様構造。ペプチドグリカン欠損。TtsZ欠損12
ウェルコミクロビウム門
Verrucomicrobia
核膜様構造41
クラミジア門
Chlamydiae
ペプチドグリカン欠損。FtsZ欠損。ATP合成酵素を欠損し、寄生性。クラミジア・トラコマチス17
レンティスファエラ門
Lentisphaerae
核膜様構造4
アシドバクテリウム門
Acidobacteria
4
アクウィフェクス門
Aquificae
16S rRNA系統解析において、真正細菌の中でも早くに分岐したとされる。好気性菌が多い。好熱性は真正細菌の中で最も高い。22
カルディセリクム門
Caldiserica
1
クリシオゲネス門
Chrysiogenetes
4
デフェリバクター門
Deferribacteres
14
ディクチオグロムス門
Dictyoglomi
2
エルシミクロビウム門
Elusimicrobia
1
フソバクテリウム門
Fusobacteria
37
ニトロスピラ門
Nitrospira
11
プロテオバクテリア門
Proteobacteria
大腸菌約3000
スピロヘータ門
Spirochetes
細いらせん状、鞭毛が菌体内に存在する特徴がある。梅毒トレポネーマ94
シネルギステス門
Synergistetes
23
サーモデスルフォバクテリウム門
Thermodesulfobacteria
8
テルモトガ門
Thermotogae
16S rRNA系統解析において、真正細菌の中でも早くに分岐したとされる。嫌気性。好熱性が高い。Thermotoga maritima30







シアノバクテリア門
Cyanobacteria
酸素発生型光合成細菌。一部の種はシストを形成する。ユレモ2654
※ICN準拠
他はICNB準拠
※2008年現在
アルマティモナス門
Armatimonadetes
好気化学合成従属栄養の小群。3
デイノコックス・テルムス門
Deinococcus-Thermus
系統による放射性耐性菌や好熱菌を含む。Deinococcus radiodurans45
クロロフレクサス門
Chloroflexi
外膜無しリポ多糖を含む外膜を欠く。一部は出芽胞子を形成する。緑色非硫黄細菌45
放線菌門
Actinobacteria
グラム陽性多くはいわゆる放線菌で、好気環境に生息し気菌糸と分節胞子を形成する。GC含量が55%以上のものが多い。ビフィズス菌結核菌約2000
フィルミクテス門
Firmicutes
内性胞子を形成する種が多い。GC含量が放線菌に比べ低く、25~55%のものが多い。枯草菌約2000


関連項目

他の言語で
Afrikaans: Filum
العربية: شعبة (تصنيف)
asturianu: Filu
башҡортса: Тип (биология)
беларуская: Тып (біялогія)
беларуская (тарашкевіца)‎: Тып (біялёгія)
български: Тип (таксономия)
brezhoneg: Skourrad
català: Fílum
Mìng-dĕ̤ng-ngṳ̄: Muòng (sĕng-ŭk-hŏk)
čeština: Kmen (biologie)
Cymraeg: Ffylwm
Ελληνικά: Συνομοταξία
English: Phylum
Esperanto: Filumo
español: Filo
eesti: Hõimkond
euskara: Filum
suomi: Pääjakso
Gaeilge: Fíleam
galego: Filo
Avañe'ẽ: Pehẽ'a
Gaelg: Phylum
Kreyòl ayisyen: Filòm
Bahasa Indonesia: Filum
Ilokano: Pilo
italiano: Phylum
Basa Jawa: Filum
한국어: 문 (생물학)
Lëtzebuergesch: Stamm (Biologie)
ລາວ: ຟີລຳ
lietuvių: Tipas
മലയാളം: ഫൈലം
Bahasa Melayu: Filum
Malti: Phylum
Napulitano: Phylum
Nederlands: Stam (biologie)
norsk nynorsk: Biologisk rekkje
Kapampangan: Phylum (biolohia)
português: Filo
Runa Simi: Rikch'aq putu
română: Încrengătură
русиньскый: Тіп (біолоґія)
Scots: Phylum
srpskohrvatski / српскохрватски: Koljeno (taksonomija)
Simple English: Phylum
slovenčina: Kmeň (taxonómia)
slovenščina: Deblo (taksonomija)
српски / srpski: Раздео
svenska: Fylum
ไทย: ไฟลัม
Tagalog: Lapi
Türkçe: Şube
татарча/tatarça: Тип (биология)
اردو: قسمہ
oʻzbekcha/ўзбекча: Tip (hayvonlar sistematikasi)
vèneto: Phylum
Tiếng Việt: Ngành (sinh học)
West-Vlams: Stamme (biologie)
Winaray: Phylum
中文: 门 (生物)
Bân-lâm-gú: Mn̂g (hun-lūi-ha̍k)