針供養

1960年(昭和35年)頃、
針供養
2004年(平成16年)2月頃、
豆腐に刺された針

針供養(はりくよう)とは、折れ、曲がり、錆びなどによって、使えなくなった縫い針供養し、近くの神社に納める行事。各地の社寺で行われているが、主に淡島神社粟島神社)または淡島神を祀る堂(淡島堂・粟島堂)がある寺院で行われる[1]

他の言語で
Deutsch: Hari Kuyō
English: Hari-Kuyō