金口イオアン

金口イオアン
(ヨアンネス・クリュソストモス)
Johnchrysostom.jpg
金口イオアンの イコンコンスタンディヌーポリ(コンスタンティノープル)アギア・ソフィア大聖堂にある モザイク画主教祭服をつけ、右手で祝福を与え、左手に 福音経を持つ姿で描かれている。
正教会で: 成聖者・聖神父・大司祭首
西方教会で: 教会博士
他言語表記 : Ἰωάννης ὁ Χρυσόστομος
生誕 347年
アンティオキア
死没 407年
コマナ・ポンティキ( Comana Pontica
崇敬する教派 正教会
東方諸教会
カトリック教会
聖公会
ルーテル教会
記念日

正教会

西方教会

金口イオアン(きんこうイオアン、 ギリシア語: Ἰωάννης ὁ Χρυσόστομος, 344年または 349年 - 407年 9月14日)あるいは聖ヨハネ・クリゾストモ [1]は、 4世紀キリスト教神学者、説教者、 コンスタンディヌーポリ大主教 [2]。いわゆる ギリシア教父とよばれる神学者群を代表する一人である [3]金口とは、名説教で知られたことから「黄金の口」を意味する Χρυσόστομος(クリュソ〈黄金〉ストモス〈口〉) [4]を付して呼ばれるようになったことによる尊称である。

ヨアンネス・クリュソストモス [4] [5]ヨハネス・クリュソストモスあるいは単にクリュソストモス [6] [3]またはクリソストム (Chrysostom) などとも表記される。 イオアン、イオアンネス、 イオアンニス、ヨハネス、ヨハネといった各種表記については 後述する。

正教会東方諸教会カトリック教会聖公会ルーテル教会で、 聖人として 崇敬される。

正教会において最も頻繁に用いられる 聖体礼儀の形式には金口イオアンの名が冠せられ「 聖金口イオアン聖体礼儀」と呼ばれる。 三成聖者の一人でもある。

カトリック教会においては 教会博士の一人でもある。

生涯

金口イオアンは、 ローマ帝国の将軍の子として生まれ、未亡人となった母によってキリスト教徒として育てられる。381年に聖職者となり次第に名声を獲得していった [7]

398年、 修道士として、 神品として、 アンティオキアで声望の高かった金口イオアンは、ネクタリオスの後を継いで コンスタンディヌーポリ大主教(当時まだ 総主教制は存在していなかった)に推挙されて着座した [8]

しかしながらイオアンがその地位に着く事に反対し、着座後もその地位を嫉む アレクサンドリア大主教セオフィロスや、イオアンから職務怠慢によって叱責を受けたり免職された神品達はイオアンを憎んでいた [8]

金持ちの婦人の奢侈を戒めるイオアンの説教について、皇后を指しているのだと讒言した人々があった。このことで怒った東ローマ皇帝 アルカディウスの皇后 アエリア・エウドクシア英語版は、大主教セオフィロスおよびイオアンに反感を抱く 主教達と結託し、皇帝にイオアンを告発した [8]

皇后アエリア・エウドクシアと対峙する金口イオアン(1893年に ジャン・ポール・ローランスによって描かれた歴史画)。

その後、イオアンを守ろうとする民衆と、皇帝側の役人の間で小競り合いが何度も繰り返され、その度にイオアンに対しては捕縛と釈放が繰り返されたが、結局 ニケーアへの流刑となった。ニケーアに到着後、 カッパドキアの ククスス( en:Göksun)に流刑先が変更された。流刑先にはイオアンを慕う多くの人々が訪れ、イオアンを物心両面から支援した [8]

最終的に 黒海沿岸にイオアンの移送が決まったが、炎天下や雨の日も歩かせ続けるという残酷な処遇がイオアンの体力を奪い、イオアンは道中の コマナ・ポンティキ( Comana Pontica)で永眠した。永眠前には 領聖し、「全て光栄は神に帰す」と唱えて永眠したと伝えられる [8]

30年後、イオアンの 不朽体コンスタンティノープルに移された。コンスタンティノープルの海峡は、不朽体を迎えるための民衆の舟で満ち満ちたという [8]

イオアンの説教は、簡潔でありながら自在に『 聖書』を引用し、あるいは聖書の挿話や信者の生活を身近なものに喩え、対句や反復などを用いて、わかりやすく信仰の要点を示した。彼の著作として モーセ五書聖詠ヨハネによる福音書パウロ書簡についての注釈などが残っている。

他の言語で
asturianu: Xuan Crisóstomu
azərbaycanca: İohann Xrisostom
беларуская: Іаан Златавуст
български: Йоан Златоуст
čeština: Jan Zlatoústý
Cymraeg: Ioan Aurenau
français: Jean Chrysostome
hrvatski: Ivan Zlatousti
Bahasa Indonesia: Yohanes Krisostomus
latviešu: Joans Hrizostoms
Bahasa Melayu: John Chrysostom
norsk nynorsk: Johannes Chrysostomos
português: João Crisóstomo
srpskohrvatski / српскохрватски: Jovan Hrizostom
Simple English: John Chrysostom
slovenčina: Ján Zlatoústy
slovenščina: Janez Zlatousti
српски / srpski: Јован Златоусти
Tiếng Việt: Gioan Kim Khẩu