酸と塩基

化学 > 酸塩基化学 > 酸と塩基

塩基(さんとえんき)は化学反応における性質である。化学の初期には水溶液における化学反応を水素イオン水酸化物イオンから説明するものとして酸と塩基を定義付けていたが(アレニウスの定義)、化学の発展とともにその定義は拡張され、今日では水溶液に限定しない一般の化学反応における電子対の授受により酸と塩基は定義付けられている(ルイスの定義)。

他の言語で