連邦会議 (ドイツ)

1954年に開かれた連邦会議の様子

連邦会議(れんぽうかいぎ、 : Bundesversammlung: Federal Convention)は、 ドイツ連邦共和国連邦大統領を選出することのみを目的とする非常設の連邦機関の名称。

名称

ドイツ語のBundesversammlungは、Bund( 連邦)、Versammlung(集会、会議)の二つの単語を結び付けた複合名詞である。Bundesversammlungにおいては連邦大統領を誰にするのかを討議することなく、選出することのみを目的とするので、連邦会議という訳語よりも連邦集会が適切との意見がある [1]。なお、同じ ドイツ語圏であるオーストリアやスイスでもBundesversammlungと同じ名称の機関が存在するが、ドイツの連邦会議とは異なる役割を担っている。それぞれの国の連邦会議の詳細については、 連邦会議 (オーストリア)および 連邦議会 (スイス)を参照。

他の言語で