連続活劇

連続活劇(れんぞくかつげき、 serial, or cliffhanger)とは、1910年代-1920年代に流行した映画の形式である。10分-20分ほどの、アクションを主題にした短編映画で、毎週1本ずつ公開していき、約15本で完結した。現在の連続テレビドラマの最古の起源とも言える。

連続活劇はたいてい低予算で制作され、ヒーローが悪党と戦い、ヒロインを救出するという物語のアクション映画であった。

連続活劇の起源は、1912年エジソン映画会社による『メアリーに何が起こったのか』に始まったといわれている。フランス映画『ジゴマ』(1911年)に始まり、その後アメリカで盛んに製作されたとも言われる[1]

比較的最近の人気アクション映画にも、連続活劇の影響を色濃く受けているものが多い。

恋愛描写が非常にあっさりしているのも特徴で、出会えば簡単に恋に落ちる、という具合である。

他の言語で
العربية: فيلم مسلسل
čeština: Seriál
Deutsch: Serial
English: Serial film
español: Cine serial
français: Serial (cinéma)
hrvatski: Serijal
Bahasa Melayu: Filem siri
Nederlands: Serial film
português: Seriado
русский: Киносериал
srpskohrvatski / српскохрватски: Filmska serija
Simple English: Movie serial
slovenčina: Seriál
српски / srpski: Филмски серијал
українська: Кіносеріал