連合軍軍政期 (ドイツ)

連合軍軍政期(ドイツ)
Besatzungszonen in Deutschland
フレンスブルク政府1945年 - 1949年西ドイツ
ドイツ民主共和国
ザール (フランス保護領)
西ベルリン
東ベルリン
ドイツの国旗
国旗
ドイツの位置
 分割占領されたドイツ
公用語ドイツ語
首都ベルリン
 軍政府
1945年5月 - 1955年5月イギリス占領区
1945年5月 - 1955年5月フランス占領区
1945年5月 - 1955年5月アメリカ占領区
1945年5月 - 1955年9月ソビエト占領区
変遷
成立1945年5月
西ドイツ成立1949年5月23日
東ドイツ成立1949年10月7日
ドイツ再統一1990年10月3日
Occupied Berlin.svg

ベルリン市の連合国各国の占領域

ドイツ連合軍軍政期(れんごうぐんぐんせいき)は、ドイツの歴史において、第二次世界大戦フレンスブルク政府が降伏した1945年5月8日から、東西ドイツが相次いで成立する1949年までの間、連合国4か国軍による占領統治が行われていた時代である。1945年から1990年まで続いた分断時代の第1部(4つの分断国家)に当たり、分断時代の第2部は2つの分断国家の時代(1949年 - 1990年)である。

概要

ナチス・ドイツ第二次世界大戦で敗れると、ドイツは連合国4か国軍アメリカ合衆国イギリスフランスソビエト連邦)に占領された。連合国軍は、管理目的のために1945年5月8日から1949年までの4年間、オーデル・ナイセ線の西でドイツを4つに分割占領して軍政を布いた。

第二次世界大戦末期に、アメリカ軍は、ヤルタ会談ロンドン議定書で同意された、ラインを超えて最大200マイルに渡って東側へ進出しており、戦争終結後のソビエト赤軍アメリカ軍間の境界線は暫定であった。戦争終結後2か月間、アメリカ軍はソ連占領予定区域に滞在した後、1945年7月初めに撤退した。このことは、同じ頃(1945年7月)にベルリンにおける各国の占領予定区域にアメリカイギリスフランスの各軍が駐留することをソ連に容認させるにあたり重要な役割を果たしたという意見もあるが、一方でこの点に関しては情報収集のための必要性があったという要素も考えられる(ペーパークリップ作戦参照)。

他の言語で
Lingua Franca Nova: Divide de Deutxland
Simple English: Allied-occupied Germany