輪廻

六道輪廻をあらわしたチベット仏教の仏画。恐ろしい形相をした「死」が輪廻世界を支配している
仏教用語
輪廻、サンサーラ
英語cycle of existence, endless rebirth, wheel of suffering
パーリ語saṃsāra
サンスクリット語saṃsāra, sangsara (Dev: संसार)
ベンガル語সংসার (sôngsarô)
ビルマ語သံသရာ
(IPA: [θàɴðajà])
中国語生死, 輪迴, 流轉
(ピン音shēngsǐ, lúnhuí, liúzhuǎn)
日本語輪廻
(ローマ字: rinne)
クメール語សង្សារ , សង្សារវដ្ដ , វដ្ដសង្សារ
(Sangsa, Sangsaravord, Vordsangsa)
韓国語윤회, 생사유전
(RR: Yunhoi, Saengsayujeon)
モンゴル語

ᠣᠷᠴᠢᠯᠠᠩ, орчлон

(orchilang, orchlon)
シンハラ語සංසාරය (sansāra)
チベット語འཁོར་བ་
(khor ba)
タイ語วัฏสงสาร
ベトナム語Luân hồi

輪廻とは、サンスクリット語のサンサーラ(संसार saṃsāra)に由来するヴェーダ仏典などに見られる用語で、人が何度も転生し、また動物なども含めた生類に生まれ変わること、また、そう考える思想のこと。漢字の輪廻は生命が無限に転生を繰り返すさまを、輪を描いて元に戻る車輪の軌跡に喩えたことから来ている。なお、リンエではなく、リンネと読むのは国語学上の連声れんじょうという現象である(リン+エ=リンネ)。

インド哲学において生物らは、死して後、生前の行為つまりカルマ: karman)の結果、次の多様な生存となって生まれ変わるとされる。インドの思想では、限りなく生と死を繰り返す輪廻の生存をと見、二度と再生を繰り返すことのない解脱を最高の理想とする。

ヒンドゥー教における輪廻

ヒンドゥー教の前身であるバラモン教において、はじめて断片的な輪廻思想があらわれたのは、バラモン教最終期のブラーフマナ文献[注 1]ないし最初期のウパニシャッド文献[注 2]においてである。ここでは、「輪廻」という語は用いられず、「五火」と「二道」の説として現れる。『チャーンドーギヤ』(5-3-10)と『ブリハッドアーラニヤカ』(6-2)の両ウパニシャッドに記される、プラヴァーハナ・ジャイヴァリ王の説く「五火二道説」が著名である。

五火説とは、五つの祭火になぞらえ、死者はにいったんとどまり、となってに戻り、植物に吸収されて穀類となり、それを食べた精子となって、との性的な交わりによって胎内に注ぎ込まれて胎児となり、そして再び誕生するという考え方である。二道説とは、再生のある道(祖霊たちの道)と再生のない道(神々の道)の2つを指し、再生のある道(輪廻)とはすなわち五火説の内容を示している[1]

これが、バラモン教(後のヒンドゥー教)における輪廻思想の萌芽である。そして様々な思想家や、他宗教であるジャイナ教、仏教などの輪廻観の影響も受けつつ、後世になってヒンドゥー教の輪廻説が集大成された。すなわち、輪廻教義の根幹に、信心と(カルマ)を置き、これらによって次の輪廻(来世)の宿命が定まるとする。具体的には、カースト(ヴァルナ)の位階が定まるなどである。

行為が行われた後、なんらかの結果(: phala)がもたらされる。この結果は、行為の終了時に直ちにもたらされる事柄のみでなく、次の行為とその結果としてもまた現れる。行為は、行われた後に、なんらかの余力を残し、それが次の生においてもその結果をもたらす。この結果がもたらされる人生は、前世の行為にあり、行為(カルマ)は輪廻の原因とされる。

生き物は、行為の結果を残さない、行為を超越する段階に達しない限り、永遠に生まれ変わり、生まれ変わる次の生は、前の生の行為によって決定される。 天国での永遠の恩寵や地獄での永劫の懲罰といった、この世以外の来世は輪廻のサイクルに不均衡が生じるため、ありえないことと考えられた[2]

これが、業(行為)に基づく因果応報の法則(善因楽果・悪因苦果・自業自得)であり、輪廻の思想と結びついて高度に理論化されてインド人の死生観・世界観を形成してきたのである。

他の言語で
Afrikaans: Samsara
አማርኛ: ሰምሳረ
العربية: سامسارا
azərbaycanca: Sansara
беларуская: Сансара
български: Самсара
भोजपुरी: संसार
བོད་ཡིག: འཁོར་བ།
català: Samsara
čeština: Samsára
Cymraeg: Samsara
dansk: Samsara
Deutsch: Samsara
Ελληνικά: Σαμσάρα
English: Saṃsāra
Esperanto: Sansaro
español: Samsara
suomi: Samsara
français: Saṃsāra
עברית: סמסרה
hrvatski: Samsara
magyar: Szanszára
Հայերեն: Սամսարա
Bahasa Indonesia: Samsara
íslenska: Samsara
italiano: Saṃsāra
ქართული: სამსარა
ಕನ್ನಡ: ಸಂಸಾರ
한국어: 윤회
Кыргызча: Сансара
Lëtzebuergesch: Samsara
lietuvių: Samsara
македонски: Самсара
Nederlands: Samsara
norsk nynorsk: Samsara
norsk: Samsara
occitan: Samsara
polski: Sansara
português: Samsara
română: Samsara
русский: Сансара
sardu: Saṃsāra
Scots: Saṃsāra
සිංහල: සංසාරය
Simple English: Samsara
slovenčina: Sansára
slovenščina: Samsara
српски / srpski: Самсара
svenska: Samsara
Türkçe: Samsara
тыва дыл: Очалаң
українська: Самсара
Tiếng Việt: Luân hồi
მარგალური: სამსარა
中文: 轮回