軍隊の階級

軍隊の階級(ぐんたいのかいきゅう)は、軍隊における階級を一覧にしたものである。軍隊の階級とは、軍事組織における上下関係と指揮系統の格付け制度である。

軍事組織において、階級の使用は全世界で行われている。例外としては、後述するように社会主義国の軍隊において一時階級制度が廃止されることもあったが、後に復活している。

ヨーロッパ諸国の陸海軍においては、職名が階級化していったという歴史的経緯から、軍種によって階級名が大きく異なる。

日本軍の階級は、明治3年太政官布達第604号を以て兵部省に設けられた、律令制下の四等官に倣った陸海軍大将から陸海軍權曹長までの11等級を起源とする。これらは明治6年太政官布達第154号による官等表改正で軍人の階級として引き続き用いられ、西欧近代軍の階級を和訳する際にも当てはめられた。

日本陸海軍では、階級を上がることを進級といい、階級が下がることを降等という。一方、自衛隊では昇任及び降任といい、予備自衛官等の階級が上がる場合昇進という。

社会主義国における階級制度の廃止

ソビエト労農赤軍19181935年)、中国人民解放軍19651988年)、及びアルバニア軍(19661991年)などの社会主義国の軍隊では、社会主義の理念から、自国の軍隊を帝国主義諸国の軍隊と区別するために、軍隊の階級制度を廃止した。ただし、いずれの場合も、よく誤解されるように軍隊の職制(司令官・師団長など)を廃止したわけではなく、指揮命令系統自体は存在した。

これらの諸国では後に階級制度は復活し、現在はほとんどの社会主義国の軍隊に階級制度が存在している。しかし、朝鮮人民軍のように「階級」ではなく「軍事称号」という名称を使っている例もある。厳密にいえば、赤軍の階級制度の「廃止」の場合も、「将軍」(ロシア語генера́л)を「司令官」(ロシア語команди́р)とするような言い換えにすぎなかった。

他の言語で
Alemannisch: Dienstgrad
العربية: رتبة عسكرية
azərbaycanca: Hərbi rütbə
беларуская: Воінскае званне
български: Военно звание
বাংলা: সামরিক পদ
català: Grau militar
Deutsch: Dienstgrad
English: Military rank
Esperanto: Soldataj rangoj
español: Rango (militar)
français: Grade militaire
galego: Grao militar
hrvatski: Vojni čin
magyar: Rendfokozat
Bahasa Indonesia: Pangkat militer
italiano: Grado militare
한국어: 군사 계급
lietuvių: Karinis laipsnis
македонски: Воен чин
монгол: Цэргийн цол
Bahasa Melayu: Pangkat tentera
Nederlands: Militaire rang
română: Grad militar
slovenčina: Vojenská hodnosť
slovenščina: Vojaški čini
Türkçe: Rütbe
українська: Військове звання
oʻzbekcha/ўзбекча: Harbiy unvonlar
Tiếng Việt: Quân hàm
中文: 军衔
粵語: 軍銜