超法規的措置

超法規的措置(ちょうほうきてきそち、英語: extra legal measures)は、国家が定めた法律などに規定された範囲を、国家そのもの(三権で言えば行政)が超えて行う特別な行為のこと。現在では主にハイジャック事件・立てこもり事件の犯人の要求に応じて勾留者や受刑者釈放するといった行為が該当する。

概念

法治国家において、法令が想定していない緊急事態などの場合に、法令に規定されていない非常の措置を行うことを言う。国家緊急権とはやや異なる概念である。

また後述の戦後日本において行われた事例は、「超法規的措置」というより「超実定法的措置」が適切な表現となされ、憲法に反する行政権の行使ではなく、違憲ではないとされている(日本国第183回通常国会衆議院内閣答弁書)。

他の言語で