豊橋鉄道東田本線

豊橋鉄道 東田本線
T1000形「ほっトラム」
T1000形「ほっトラム」(2009年1月)
概要
通称市内線、市電
起終点起点:駅前停留場
終点:赤岩口停留場運動公園前停留場
駅数14駅
ウェブサイト豊鉄市内線
運営
開業1925年7月14日 (1925-07-14)
最終延伸1998年2月19日 (1998-02-19)
所有者豊橋電気軌道→豊橋交通→
豊橋鉄道
路線諸元
路線総延長5.4 km (3.4 mi)
路線数複線(駅前-競輪場前間)
単線競輪場前-赤岩口間、井原-運動公園前間)
軌間1,067 mm (3 ft 6 in)
最小曲線半径11 m (36 ft)
電化直流600 V,
架空電車線方式
路線図
Toyotetsu AzumadaLine Map.png
テンプレートを表示

東田本線(あずまだほんせん)は、愛知県豊橋市駅前停留場から赤岩口停留場までと、井原停留場から分岐し運動公園前停留場までを結ぶ豊橋鉄道軌道路線である。豊橋鉄道では「豊鉄市内線」と案内している[1]。本項目では廃止された柳生橋支線もあわせて取り上げる。

概要

全線が併用軌道路面電車である。市内線市電(市内電車の意味)とも呼ばれて親しまれている。1970年代、各地で路面電車の縮小・廃止が相次ぎ、豊橋鉄道でも新川から分岐していた柳生橋支線を廃止するなどしたが、1982年(昭和57年)には井原 - 運動公園前間の支線を開業した。

その後、1998年(平成10年)に駅前停留場の移設による路線延長が行われた。さらに、2005年(平成17年)に駅前停留場と新川停留場の間に駅前大通停留場が新設された。

1989年以降T1000形、モ3100形を除く大半の車両が全面広告電車となっている。

2005年4月1日に名鉄岐阜市内線美濃町線が廃止されてからは、東海地方で唯一の路面電車となった。

路線データ

  • 路線距離(営業キロ):駅前 - 赤岩口間4.8 km、井原 - 運動公園前間0.6 km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:14駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:駅前 - 競輪場前間
  • 単線区間:競輪場前 - 赤岩口間、井原 - 運動公園前間
  • 電化区間:全線(直流600V)

札木 - 東八町間では、日本に現存する路面電車で唯一国道1号線上を走行する。また井原の分岐点には、鉄道路線としては日本一急な半径11mのカーブがある。このため一部車両はこの区間を通過することができず、車両の運行制限がある(後述の車両を参照)。

運賃は2014年4月1日現在、大人150円・子供80円均一制で、渥美線名古屋鉄道などと共通利用可能なICカード乗車券「manaca」をはじめ、Suicaなどの全国相互利用サービスを取り扱うICカードが利用可能である。運動公園方面と赤岩口方面とを行き来する場合は井原で乗り継ぎとなるが、同一運賃では乗り継げない。

他の言語で