規制緩和

規制緩和(きせいかんわ、 : deregulation)は、 経済学公共政策などの文脈で、ある産業や事業に対する政府の 規制を縮小することを指す。 市場主導型の産業のあり方が望ましいと考えられる際にとられる基本的な政策手段のひとつで、市場競争を促進し経済活性化を果たすために採用されるが、導入による弊害の解決のため、セーフティーネットなどの構築が必要とされている。

概要

もともとの英語 deregulation は本来、規制「緩和」ではなく規制撤廃の意味が強い言葉であるが、日本では規制撤廃に反対する官僚が意図的に意味をずらして翻訳した( ダブルスピーク)ため、そのまま国内に広まったという。

規制は安全基準・技術規格・所有・事業範囲など企業活動のさまざまな側面を扱うものであるため、規制緩和の形もさまざまである。一般に、どのような場面でどのように規制緩和が行われるべきであるかについての実践的な指針は、体系的な形では存在せず、政策は過去の事例研究を通して形成されるのが普通である。

他の言語で
català: Desregulació
čeština: Deregulace
Deutsch: Deregulierung
English: Deregulation
español: Desregulación
italiano: Deregolazione
Nederlands: Deregulering
polski: Deregulacja
русский: Дерегуляция
svenska: Avreglering
Türkçe: Deregülasyon
українська: Дерегулювання